「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
絵画切手|『春(ラ・プリマベーラ、La Primavera)』 ボッティチェッリ
JUGEMテーマ:切手
 

 初期ルネサンスで最も業績を残したフィレンツェ派の代表的画家サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli、1445年3月1日? - 1510年5月17日)の絵画の切手です。
 今回は、『春(ラ・プリマベーラ、La Primavera)』。フィレンツェのウフィツィ美術館に収蔵されています。


『春(ラ・プリマベーラ、La Primavera)』 ボッティチェッリ


 『春(ラ・プリマベーラ) (La Primavera)』の右側には春を告げる西風の神、ゼピュロスとゼピュロスに追われる花を象徴する女神、クローリスが描かれています。西風ゼビュロスから逃れることができず、ついに陵辱されてしまったクローリスは、当時の解釈では後、ゼビュロスの妻となり、花の女神フローラへ変身したとされていました。未通の乙女クローリスと、成熟し花の女神となったフローラが同時に描かれています。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「絵画切手|『春(ラ・プリマベーラ、La Primavera)』 ボッティチェッリ」の詳細は、  「サンドロ・ボッティチェッリ(Sandro Botticelli)と師フィリッポ・リッピ(Fra Filippo Lippi)の絵画の切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
絵画切手|ミケランジェロ システィーナ礼拝堂の天井画・アダムの創造
JUGEMテーマ:切手
JUGEMテーマ:絵画
 

システィーナ礼拝堂天井画は、バチカン市国のバチカン宮殿内に建てられたシスティーナ礼拝堂の天井に、ミケランジェロ・ブオナローティによって描かれた絵画作品です。
盛期ルネサンスを代表する芸術作品の一つであるこの天井画は、1508年から1512年にかけて制作された。
天井画がある壮大なシスティーナ礼拝堂は、1477年から1480年にかけて、教皇シクストゥス4世によってバチカン宮殿内に建造されたものである。
さまざまな主題を含むこの天井画は、祭壇壁の『最後の審判』の巨大なフレスコ画(これもミケランジェロ作)や、他の画家たちによって制作されたフレスコ壁画、ラファエロの原画によるタペストリー群などとともに、システィーナ礼拝堂全体の装飾計画の一部をなすものであり、これらは全体として、カトリック教会の教義を絵画化したものである。律法・預言・諸書の3部39巻からなる。
実物を見ると大迫力に圧倒されます。


システィーナ礼拝堂の天井画・アダムの創造


『アダムの創造 (Creazione di Adamo)』:システィーナ礼拝堂天井画で最も有名な部分のひとつ『アダムの創造』。
主題は旧約聖書の創世記で、このアダムの創造はその中の一場面を描いたもの。創世記第一章では、天地万物の創造主、神が7日間で全てを創造し、その6日目に創造されたのが人間(アダム)とされている。万物の創造主、神は自身の姿形に似た人間を創造した際、五つの祝福を人間に与えたとされている。
ここでは最初の人アダムに生命を吹き込み、地上の支配者という役割を与える場面が描かれ、中央の創造主とアダムの指先が触れる部分は、神の意志と生命の伝達を表すとされている。



-------------------------------------------------------------------------------------------


■「ミケランジェロ システィーナ礼拝堂の天井画・アダムの創造」の詳細は、「ミケランジェロ・ブオナローティ(Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni)の絵画・彫刻の切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 10:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
美術切手|セザンヌ 『温室のセザンヌ夫人(メトロポリタン美術館)』 
JUGEMテーマ:絵画
JUGEMテーマ:切手
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

 ポール・セザンヌ(Paul Cezanne、1839年1月19日 - 1906年10月22日(10月23日説もある))はフランスの画家。
 当初はモネやルノワール等と共に印象派のグループの一員として活動していたが、1880年代からグループを離れ、伝統的な絵画の約束事にとらわれない独自の絵画様式を探求した。


セザンヌ 『温室のセザンヌ夫人(メトロポリタン美術館)』 


 画家の妻である≪オルタンス・フィケ≫をモデルに制作された人物画作品で、セザンヌが妻オルタンスを画題とした作品を生涯の中で複数枚(20点前後)手がけているが、本作はその中でも特に代表的な作品のひとつとして位置付けられている。
 画面中央に配されるセザンヌ夫人ことオルタンス・フィケは、黒く細身の衣服に身を包み、やや首を斜めに傾けながら(本作を観る者、そしてセザンヌへと)視線を向けている。その表情には激情的な感情性や思想的な様子は見出すことはできず、セザンヌ夫人を描いた他の作品と同様、(やや物悲しげではあるが)ほぼ無表情である。そして背景には明るい黄土色を主体として樹木や植木鉢(鉢植え)、花を咲かせた植物などが配されている。(文章転載参考:Salvastyle.com )


-------------------------------------------------------------------------------------------

■「美術切手|セザンヌ 『温室のセザンヌ夫人(メトロポリタン美術館)』」は、「西洋美術切手 印象派|セザンヌ(Cezanne)の絵画」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 09:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
美術切手|ヨハネス・フェルメール 『牛乳を注ぐ女』
JUGEMテーマ:絵画
JUGEMテーマ:切手
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

 ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer、1632年 - 1675年)はレンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表するバロック時代の画家とされる。
 生涯のほとんどを故郷デルフトですごし、人物など作品の中心をなす部分は精密に書き込まれた濃厚な描写になっているのに対し、周辺の事物はあっさりとした描写になっており、生々しい筆のタッチを見ることができる。
 この対比によって、見る者の視点を主題に集中させ、画面に緊張感を与えている。


『牛乳を注ぐ女』 フェルメール


 『牛乳を注ぐ女』は、フェルメールの全ての作品の中でも特に人気が高く、現在も数多くの人々を魅了し続けている作品としても知られる。
 所謂、使用人階級にあたる女性が牛乳を陶製の容器の中へ注ぎ込むという素朴な日常風景の一場面を描いた作品で、その表現は白眉の出来栄えである。
 画面全体にフェルメール様式の大きな特徴のひとつであるポワンティエ技法(点綴法)が認められ、その光の表現における秀逸な効果はテーブルの上に置かれるパンへ顕著に示されている(同部分の絵具層は三層に重ねられていることがX線調査によって判明した)。
 また左部の窓から室内に射し込んだ柔らかく明瞭な陽光描写の絶妙な加減や、画面を包み込む穏やかで静謐な雰囲気なども特筆すべき点であるほか、牛乳を注ぐ女やテーブル上の黄色、青色、赤色と、背後の白壁との鮮やかなコントラストは観者に爽快な印象を強く与えることに成功している。


-------------------------------------------------------------------------------------------

■「美術切手|ヨハネス・フェルメール 『牛乳を注ぐ女』」」は、「ヨハネス・フェルメール(Johannes Vermeer)『青いターバンの少女』、『青衣の女』」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西洋美術切手|シャガール(Marc CHAGALL) オムニバス切手シート
JUGEMテーマ:絵画
JUGEMテーマ:切手

 

西洋美術切手|シャガール(Marc CHAGALL) オムニバス切手シート


■シャガールの作品にはヴァイオリンを弾く人や動物などがしばしば登場します。シャガールにとって、叔父がヴァイオリン奏者だったこともあり、音楽は幼い頃からとても身近な存在であり、クレズマーと呼ばれる生活に密着した東欧ユダヤ人の民族音楽に親しんでいました。


-------------------------------------------------------------------------------------------


■「西洋美術切手|シャガール(Marc CHAGALL) オムニバス切手シート」は、「シャガール 仲の良いほのぼのとした恋人たちを描く幻想的な絵画切手」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 11:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西洋美術切手|ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル画 『トルコ風呂』

JUGEMテーマ:切手
JUGEMテーマ:絵画
 

 新古典主義のジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル (Jean Auguste Dominique Ingres)の絵画です。フランスのモントパーソンで画家の家に1780年に生まれ、幼い頃は父に絵画を学ぶ。1791年にトゥールーズの美術学校に入り、1797年にパリに行きジャック・ルイ・ダヴィットの門下に入る。1801年にローマ賞を受賞し、1806年にローマへ留学した。1820年から1824年までフィレンツェに滞在した。1824年にパリへ戻り、フランス・アカデミー会員になる。1835年にはローマのフランス・アカデミー院長としてローマへ赴き、1841年まで滞在する。1855年のパリ万国祭では大回顧展を開き、1867年にパリで没した。


ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル画 『トルコ風呂』1863年 ルーヴル美術館 ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル画 『トルコ風呂』1863年 ルーヴル美術館


アングルの代表作の1つ『トルコ風呂』は、最晩年の1862年の制作である。円形の画面に退廃的・挑発的な多数の裸婦を描きこんだこの作品は、当時82歳のジャン・オーギュスト・ドミニク・アングルがなお旺盛な制作欲をもっていたことを示している。


-------------------------------------------------------------------------------------------



■「西洋美術切手|ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル画 『トルコ風呂』」は、「西洋美術切手 ジャン・オーギュスト・ドミニク・アングル (Jean Auguste Dominique Ingres)」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西洋美術切手|グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)のKiss(『接吻』1908年)
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:絵画
 

 グスタフ・クリムト(Gustav Klimt, 1862年7月14日 - 1918年2月6日)は、オーストリアのウィーン郊外のバウムガルテンに生まれた。
 ユーゲントシュティール(象徴主義)を代表するゼツェッション(ウィーン分離派)の画家。 父エルンストはボヘミア出身の彫版師、母アンナは地元ウィーン出身であり、クリムトは7人兄弟の第2子であった。
 クリムトが生涯の恋人とさだめたエミーリエ・フレーゲをはじめ、作品のなかの彼女たちは外面的な美しさと内面に秘められた危険な魅力に満ち、世界中の女性たちを今なお、ひきつけてやみません。


 

グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)のKiss(『接吻』1908年) 『エミーリエ・フレーゲの肖像』


 ■接吻 (Der kuβ) 1907-1908年180×180cm | 油彩・画布 | オーストリア美術館(ウィーン)  グスタフ・クリムトと恋人であったエミーリエ・フレーゲと最も良い関係であった頃に自身らをモデルにして、当時タブーとされていた題材である≪接吻≫を主題とし描いた作品。

 ■『エミーリエ・フレーゲの肖像』は、ウィーン世紀末を代表する画家グスタフ・クリムト(1862-1918)による彼のパートナー(恋人)のエミーリエ・フレーゲの肖像画、本作によって画家の肖像画の表現様式が確立した。 Gustav Klimt 1902年作、所蔵:ウィーンミュージアム。
 クリムトの弟とエミーリエの姉の結婚によって出会った二人。 クリムトは17歳のエミーリアの肖像画も描いています。 グスタフ・クリムトとエミーリエ・フレーゲは生涯のパートナーとありますが、プラトニックだったようです。 エミーリエはブティックを経営し、男性に依存しない自立した女性だったようです。
 
-------------------------------------------------------------------------------------------


■「西洋美術切手|グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)のKiss(『接吻』1908年)」は、「西洋美術切手 近代絵画 グスタフ・クリムト(Gustav Klimt) と弟子のエゴン・シーレ」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 11:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西洋美術切手|エリザベト・ヴィジェ・ルブランの『ヴィジェ・ルブラン夫人と娘』
JUGEMテーマ:絵画
JUGEMテーマ:アート・デザイン
 

エリザベト・ヴィジェ・ルブラン(Elisabeth Vigee-Lebrun、1755-1842 ): 彼女の評判はすぐに上がり、貴族や社交界から注文を受けるようになる。その中には、ロシアの皇帝のナンバー3とうたわれた人物もいる。女王マリー・アントワネットに気に入られ、多くの肖像を描いた。フランス革命勃発後は、フランスを離れ、ヨーロッパ各国を旅し、先々で、肖像画家として成功した。


エリザベト・ヴィジェ・ルブランの『ヴィジェ・ルブラン夫人と娘』


ルブランは、1776年に、画家で画商であるジャン=バティスト=ピエール・ルブランと結婚した。彼女は当時の貴族の多くを肖像画に描き、画家としての経歴を開花させた。マリー・アントワネットの肖像画を描くためヴェルサイユ宮殿に招かれた。王妃は大変喜び、向こう数年間ヴィジェ=ルブランは王妃や子供達、王族や家族の肖像画を数多く依頼された。王妃とヴィジェ=ルブランは画家と王妃を超えた友人関係を築いていたといわれる。ヴィジェ=ルブランは18世紀の最も重要な女性芸術家だと考えられている。彼女は660の肖像画と200の風景画を残した。優雅な自画像もよく知られる。


-------------------------------------------------------------------------------------------


■「西洋美術切手|エリザベト・ヴィジェ・ルブランの『ヴィジェ・ルブラン夫人と娘』」は、「西洋美術切手 ロココ・新古典主義と18世紀のヴェネツィア絵画とイギリス絵画」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 17:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西洋美術切手|シャガール(Marc CHAGALL)『ロミオとジュリエット』

JUGEMテーマ:切手
JUGEMテーマ:絵画
 

マルク・シャガールは1887年7月7日、ポーランド国境に近いロシアの小さな村ヴィテブスクに生まれました。ロシア(現ベラルーシ)出身のフランスの画家。1910年10月にパリに留学し、印象派やキュビズムに感銘を受けました。 ユダヤ人として生まれ、過酷な現代史に翻弄されて何度も移住を繰り返しながらも、第二次世界大戦を経て再びフランスに戻り、パリを第二の故郷と決め晩年の1985年まで創作活動を続けました。




シャガール(Marc CHAGALL)『ロミオとジュリエット』


青春の追憶、生まれ故郷ヴィテブスクへのノスタルジー、アメリカ滞在中に失った妻への悲しみ、戦争への残虐な生々しい記憶。 誕生、結婚、死など人間の一生を生涯のテーマとして、青を基調とする独特の色彩を駆使しながら、人間に対する限りない愛と悲しみを謳い上げました。 重力の法則を超え、幻想的な世界の中で夢と想像力を、ユートピアと現実を融合させる術を心得ていた芸術家は他にいません。


-------------------------------------------------------------------------------------------




■「西洋美術切手|シャガール(Marc CHAGALL)『ロミオとジュリエット』」は、「シャガール 仲の良いほのぼのとした恋人たちを描く幻想的な絵画切手」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西洋美術切手|ベッリーニ『聖母子、東方3博士の礼拝』(グレナダ)
JUGEMテーマ:アート・デザイン
JUGEMテーマ:絵画
 

 ジョヴァンニ・ベッリーニ(Giovanni Bellini、1433〜1515)はヴェネツィア派の基礎を築いた画家。父親ヤコブ、弟ジェンティーレとともに、家族工房を形成し、活躍した。ヴェネツィア派の第一世代を代表する画家であり、15世紀同派最大の巨匠である。
 ヴェロネーゼ、ティツィアーノ、ジョルジョーネ、ティントレットらを生んだヴェネツィア派の第一世代を代表する画家。


ベッリーニ『聖母子、東方3博士の礼拝』(グレナダ)

ベッリーニ『聖母子、東方3博士の礼拝』(グレナダ)


-------------------------------------------------------------------------------------------



■「西洋美術切手|ベッリーニ『聖母子、東方3博士の礼拝』(グレナダ)」は、西洋美術切手 ルネサンス(産業革命)の絵画 画家(ナ行〜ワ行) で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE