「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
雨花石(中華名石)
JUGEMテーマ:趣味



  雨花石1

家内と旅行で南京を数年前に訪問しました。
非常に珍しいの触れ込みで雨花石を購入しました。

見ての通り雨花石はメノウの一種で、天然の模様と透明な質感が雨花石を中華名石と呼ばれるようになった訳です。
雨花石は願いをかなえる不思議な石です。
中国・南京(昔父親の写真を見てて一度行ってみたいと思っていた所で日本人には嫌な思いある。かって中国の首都でもあった)の南に位置する雨花台で採れる雨花石は、縞の美しい天然の石です。南京特産の雨花石はこの地名に由来しているそうです。
現在「雨花石」の名で売られている石の多くがメノウではないとの事です。
中国各地で同種のものが採れる様だが、原石はほとんど流通していない。
南京では中山稜含め各所で通常の綺麗な石ころと同様に販売されていました。
購入はしましたが、本物が欲しく別途購入したものをアップ(いずれも、ヒルトン南京の専門店で購入し鑑定書つきです。)しました。



  雨花石2

| kunio切手・写真の店長 | 収集|原石・岩石・化石・宝石 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ヒマラヤの岩塩
JUGEMテーマ:趣味


   ヒマラヤ 岩塩

ヒマラヤ山脈は今からおよそ3億8千年前〜4,500万年前の間に、インド亜大陸がユーラシア大陸と衝突し、海の底であったヒマラヤはこの壮大な大陸移動の力により世界一高い山脈へと変貌していった。
 この間に、テチス海で結晶していた塩はマグマの熱によって焼かれ、 ヒマラヤが隆起していく過程で結晶岩塩となっていった。これがヒマラヤ原産太古の岩塩。 生命が発生した太古の海のミネラルを含有するこの岩塩は悠久の時が創りだし自然が人類に恵んでくれた貴重な贈り物で、エステなどで今は利用されています。
写真の岩塩は中国に行った時に購入しました。直径15cmの大きなものです。
最近では各所で販売されているようです。一度お試しあれ。

| kunio切手・写真の店長 | 収集|原石・岩石・化石・宝石 | 17:44 | comments(1) | trackbacks(2) | pookmark |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE