「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
<< スキポール空港閉鎖の時に宿泊したホテルで見つけた 魚のトルネードとメレンゲ菓子 | main | 日露戦争当時の防護巡洋艦がサンクトペテルブルグにあった >>
奇跡をもたらすチフヴィンの生神女(Theotokos of Tikhvin)

JUGEMテーマ:世界遺産(海外)


 世界遺産の聖イサアク大聖堂(Saint Isaac's Cathedral)は、ロシア、サンクトペテルブルク中心にあるロシア正教会の大聖堂。 聖イサアク大聖堂には3つの宝座がある。中央にあるのはダルマチアの聖イサクの名、左は聖アレクサンドル・ネフスキー大公の名、右は聖大致命女エカチェリーナの名の宝座。最も崇められている聖物の一つはティフヴィンの生神女イコンの写し。大聖堂の高さは101.5メートル。市内ではペトロパヴロフスク大聖堂に次ぐ高さである。高さ43メートル部分には、柱廊と展望台がある。ここは市内で最も訪問の多い観光スポットの一つ。内装には金400キロ、孔雀石16トン、青金石500キロ、銅1000トンが使われている。 この大聖堂はサンクトペテルブルグのどの場所からもよく見えます。


聖イサアク大聖堂

高さ100m超、面積が800平方mの世界最大級の 主祭壇のイコノタス


主祭壇のイコノタス

サンクトペテルブルグ 聖イサアク大聖堂にチフヴィンの生神女(Theotokos of Tikhvin)の写しがある。 チフヴィンの生神女は、正統派のキリスト教の最も有名なの一つであるイコン。エバンジェリストの聖ルカによって書かれたアイコンの一つと言われています。伝説によれば1383年6月26日(ユリウス暦)に、チフヴィンカ川の岸に出現したとされ、湖の上を浮遊していた。


チフヴィンの生神女

参考ページ 「ロシア旅行の写真 サンクトペテルブルグ 聖イサアク大聖堂と血の上の救世主教会
世界遺産 血の上の救世主教会は後日ご紹介します。

#聖イサアク大聖堂 #サンクトペテルブルグ #チフヴィンの生神女 #Theotokos of Tikhvin


| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|ヨーロッパ | 15:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.kunio.raindrop.jp/trackback/935095
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE