「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
<< 世界遺産 タージ・マハル廟(Taj Mahal)のあるアーグラ(Agra) | main | 奇跡をもたらすチフヴィンの生神女(Theotokos of Tikhvin) >>
スキポール空港閉鎖の時に宿泊したホテルで見つけた 魚のトルネードとメレンゲ菓子

2017年12月中旬-予定では、スキポール空港(オランダ・アムステルダム)とストックホルム(スウェーデン)経由でフィンランド共和国(フィンランド語: Suomen tasavalta)のヘルシンキへでした。 スキポール空港では大雪の為に着陸できない状況が発生、1時間ほど上空で状況を見るが無理。 一旦、ドイツのハンブルグ空港へ着陸し再度スキポールへ。 ところが、KLMの案内では、全ての後続の離着陸はキャンセルとなり、仕方なく雪の中、苦労の末にホテルを確保。 そのホテルで見かけたことです。


スキポール空港

宿泊したホテルは、メルキュール ホテル アムステルダム シティ サウス(Mercure Hotel Amsterdam City South)  Joan Muyskenweg 10, De Omval, Amsterdam, The Netherlands アムステル川沿いに位置する4つ星ホテルです。徒歩わずか6分の地下鉄オフェルアムステル駅から、市内中心部、スキポール、RAI、アムステルダム・アレナ、ジッゴ・ドーム、ザイダス(アムステルダムのビジネス地区)へアクセスできます。 清潔なホテルでした。
※アムステル川(Amstel)は、アムステルダム中心部で各運河に接続された後にアイ湾に流入する川。13世紀にアムステル川の河口にダムを造って町を造ったため、アムステルダムという名前となったといわれている。


メルキュール ホテル アムステルダム シティ サウス

その1階を散策すると、何とバーカウンターの上に魚がトルネードしている。お酒を飲みながら上のトルネードを見ていると酔いが早くなる気がしました。
魚が群れる理由は、まだ解明されていませんが、外敵から身を守るため、捕食のため、産卵のため繁殖のため、季節・気候の影響のため群れているという等いろいろ説は有るそうです。


魚がトルネード

オランダのメレンゲ菓子 大きさは一つが15-20cmもあろうかというほどの大きさ。 流石に買いませんでしたが、食べたらきっと凄く甘いに違いない。 マシュマロの様なふわふわした感じではなく、固そうでした。


メレンゲ菓子

もう流石に夜の帳もどっぷり落ち、窓から眺めるアムステルダムの中心部は今なお明るい。


アムステルダムの夜景

翌朝もスキポール空港は閉鎖中で、急きょスウェーデン行きはキャンセル、フィンランド行きを決め、バスにてドイツ・デュッセルドルフ空港へ向かう。 その前に朝食を、日本人好みのする味でした。 これから起こる災難に全く気付かずに出発。 距離は80−90kmと言われていたが、これでもまたトラブル発生。 ベルギー、オランダ、ドイツの国境辺りで大きな貨物トラックがジャックナイフ形に停止し雪の降る中3時間も高速道路を閉鎖させた。 フィンランド航空の出発時間にギリギリ間に合った。


ホテルの朝食

参考ページ 「2017年12月 フィンランドのヘルシンキ

#オランダ #メルキュール #フィンランド #魚のトルネード #メレンゲ菓子 #アムステルダム #スキポール


| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|ヨーロッパ | 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.kunio.raindrop.jp/trackback/935094
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE