「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
<< アジアの旅行写真|バリ島のタナロット寺院(Pura Luhur Tanah Lot) | main | 生活・習慣・行事の切手|日本の行事・節分(せつぶん、または、せちぶん、豆まき) >>
アカデミック絵画切手|ジャン=レオン・ジェロームの『闘鶏 ( Cockfight )』
JUGEMテーマ:美術・工芸
 

ジャン=レオン・ジェローム(Jean-Léon Gérôme)は、歴史や東方(オリエント地域)の描写を得意とした。
技術向上をめざして描かれたのが、アカデミスム美術の規範に沿った習作『闘鶏』(1846年、オルセー美術館 Musée d'Orsay, Paris)である。裸身の若者と薄物をまとっただけの娘が闘鶏を眺めており、背景にはナポリ湾が見える。
この作品は1847年のサロンに出品され、銅賞を獲得した。
『闘鶏』はグレール画塾から興った新ギリシア運動(主な画家にアンリ=ピエール・ピクー[1824 - 1895]、ジャン=ルイ・アモンなど)の代表作と見なされており、強い影響力を持っていたフランスの詩人・批評家テオフィル・ゴーティエに支持された。


ジャン=レオン・ジェロームの『闘鶏 ( Cockfight )』


Jean-Léon Gérôme (11 May 1824 - 10 January 1904) was a French painter and sculptor in the style now known as Academicism . He tried to improve his skills by painting The Cockfight (1846), an academic exercise depicting a nude young man and a lightly draped girl with two fighting cocks and in the background the Bay of Naples .


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「アカデミック絵画切手|ジャン=レオン・ジェロームの『闘鶏 ( Cockfight )』 1846年」の詳細は、  「西洋美術切手 ロマン派、新古典主義の絵画とアカデミック絵画」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.kunio.raindrop.jp/trackback/935042
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE