「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
<< 絵画切手|印象派・ゴッホ(Vincent van Gogh) オーヴェール時代 | main | ボーイスカウト切手|ノーマン・ロックウェル(Norman Rockwell) >>
絵画切手|ゴッホ(Vincent van Gogh) パリ時代・日本趣味
JUGEMテーマ:絵画
 

フィンセント・ファン・ゴッホ(Vincent van Gogh)は後期印象派の中でも最も名の知られたオランダ出身のゴッホ。 ゴッホはルーベンスの明瞭な色彩に魅了され、日本の浮世絵の特徴である明快な色使い、影の無い世界にも大きな影響を受けた。 ゴッホ・ゴッホの内面をそのまま反映したかのような迫真性の高い独自の表現は野獣派(フォーヴィスム)やドイツ表現主義など後世のゴッホに大きな影響を与えた。 ※ゴッホの活動時期: アントワープ時代・エッテン時代(1881年4月〜12月)|ハーグ時代(1881年12月〜1883年9月)|ドレンテ時代(1883年9月〜11月)|ヌエネン時代(1883年12月〜1885年11月)|パリ時代(1886年3月〜1888年2月)|アルル時代 (1888年2月〜1889年5月)|サン・レミ時代(1889年5月〜90年5月)|オーヴェール時代(1890年 5月〜7月) 



日本趣味・雲龍打掛の花魁(渓斉英泉による) (1887)ゴッホ美術館



 


日本趣味・雲龍打掛の花魁(渓斉英泉による) (1887)ゴッホ美術館
ファン・ゴッホの浮世絵への関心は高く、自ら買い集めて展覧会を開いてしまうほどでした。この作品は渓斉英泉の〈雲龍打掛の花魁〉を模写していますが、「日本」を特集した『パリ・イリュストレ』1886年5月号の表紙を元にしています。鮮やかな色彩はファン・ゴッホ独自のもので、また額を描きこむのも特徴的です。額の周囲には、ほかの浮世絵から鶴、蛙、蓮、竹が描きこまれていますが、蛙も鶴も、当時フランスでは、娼婦を意味するスラングでした。 東京国立近代美術館の説明より


 

日本趣味・花咲く梅の木(広重による)(1887)ゴッホ美術館 日本趣味・雨の大橋(広重による)(1887)ゴッホ美術館



日本趣味・雨の大橋(広重による)(1887)ゴッホ美術館 Japonaiserie (Van Gogh)
日本趣味・花咲く梅の木(広重による)(1887)ゴッホ美術館 Japonaiserie (Van Gogh) The Blooming Plumtree (after Hiroshige), 1887, Van Gogh Museum


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「絵画切手|ゴッホ(Vincent van Gogh) パリ時代・日本趣味」の詳細は、  「西洋美術切手 印象派 炎の画家 フィンセント・ヴァン・ゴッホ (1/2)」 と 「西洋美術切手 印象派 炎の画家 フィンセント・ヴァン・ゴッホ (2/2)」 でご覧戴けだけます。

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 美術|絵画・海外 | 10:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://blog.kunio.raindrop.jp/trackback/934998
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE