「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
<< イタリア旅行|ローマ コンスタンティヌスの凱旋門 | main | イタリア旅行|フォロ・ジュリアーノ(Foro Juliano)、フォロ・トライアーノ >>
イタリア旅行|古代ローマの遺跡 フォロ・ロマーノ
JUGEMテーマ:旅行
 

 フォロ・ロマーノ(伊:Foro Romano)は、ローマにある古代ローマ時代の遺跡。観光地として有名である。フォロ・ロマーノは、ラテン語の古名フォルム・ロマヌム(Forum Romanum)のイタリア語読み。 紀元前6世紀頃からローマ帝国がテトラルキアを採用する293年にかけて、国家の政治・経済の中心地であったが、ローマ帝国が東西に分裂し、首都機能がラヴェンナに移されると異民族の略奪に曝されるようになり、西ローマ帝国滅亡後は打ち捨てられ、土砂の下に埋もれてしまった。
 フォロ・ロマーノは、東西約300m、南北約100mに渡って存在する古代ローマの中心部『フォルム・ロマヌム』の遺跡。


 セプティミウス・セウェルスの凱旋門は、フォルムの西端に建つ記念門。皇帝セプティミウス・セウェルスのパルティア遠征の戦勝記念として建設され、203年に完成した。高さ23m、幅25m。白大理石の豪華な彫刻によって装飾されています。
 コロッセオとパラティーノの丘の間に位置するコンスタンティヌスの凱旋門に踏襲された。


セプティミウス・セウェルスの凱旋門


 サトゥルヌス神殿は、アエラリウムとも呼ばれ、共和制から帝政時代にかけて国家宝物庫として機能した神殿である。ムナティウス・プランクスによって紀元前30年頃にも再建されているが、現在の神殿は497年に再度建設されたものである。


サトゥルヌス神殿


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「イタリア旅行|古代ローマの遺跡 フォロ・ロマーノ 」の詳細は、  「世界遺産 古代ローマの遺跡 フォロ・ロマーノとフォロ・ジュリアーノ、フォロ・トライアーノ」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|ヨーロッパ | 08:25 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
| 職務経歴書の書き方 | 2012/11/22 5:27 PM |









http://blog.kunio.raindrop.jp/trackback/934978
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE