「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
<< 世界の料理|韓国の料理とスイーツ | main | 世界の料理|ベルギーのグルメ切手 >>
世界の美術工芸品|ベンジャロン焼(Bencharong) とライナムトン焼(Lai Nam Thong)
タイ国の人々は永い間中国磁器に馴染んできた為に、タイの王室はタイ風な文様を持つ特別な陶磁を中国に注文した。
これらの特注品は(ベンチャロン)と(ライナムトン)の二種類です。 ベンチャロンは、アユタヤ時代未期からバンコク時代初期まで、すなわち17世紀から19世紀初めまで用いられていた。
一方、ライナムトンは19世紀に限って用いられたものである。

ベンジャロン焼(Bencharong) とライナムトン焼(Lai Nam Thong) の香水瓶(タイ、1993年)
 ベンジャロン焼(Bencharong) とライナムトン焼(Lai Nam Thong)


■ベンジャロンは古代サンスクリット語の「ベンジャ」と「ロン(グ)」を語源とし、「五色(多色)」を意味するタイの伝統的磁器です。アユタヤ王朝後期の16世紀末から17世紀前半頃、中国(当時の明)より、白い磁器に多色の上絵具を焼き付ける技法が伝えられました。中国を起源する(景徳鎮窯が有名です)、日本でも有田焼(伊万里)・九谷焼で有名な「五彩」と同じ、素焼きの後、釉薬を掛けて1300℃近くの高温で本焼きした白い磁器に、上絵具で文様を色付けし、800℃前後の低温で再度焼き付ける色絵磁器と言われるものです。ベンジャロンは王室御用達としてだけでなく、貴族・商人の生活にも浸透していき、タイを代表する高級磁器となっています。タイの三大やきもの(陶磁器)は、ベンジャロン焼き、セラドン焼き、ブルー&ホワイト(染付或いは青花とも言います)ですが、ベンジャロン焼きは、元来が王室専用に製造されていたという歴史もあり、金彩を施し、繊細で緻密な絵付けがされており、圧倒的に豪華且つ高価なものです。一方、ライナムトンは19世紀に限って用いられたものである。


■「マイセン等の世界の美術工芸品(宝物)の切手」の頁は こちら です。

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」 にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ にほんブログ村 美術ブログへ
| kunio切手・写真の店長 | 美術|伝統工芸 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE