「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
<< 化石:オーソセラス | main | ラスト・エンペラー溥儀も泊まった大連・大和ホテル >>
地元の歴史:名張・藤堂家
地元の歴史 名張・藤堂家


 名張 藤堂家


私も20年近く住んでいて城下町だった事知らなかったですが、城下町名張を語る上で欠くことが出来ないのが名張藤堂家邸跡です。消防署の近くにあり丸の内の地名が残っています。 津藩藤堂家の一門で寛永13年(1636)から明治維新まで11代にわたり、名張に居を構えた藤堂宮内家の屋敷跡です。現在残されている屋敷は、宝永7年(1710)の名張大火で焼失した後に再建された殿館の一部で「中奥」「祝間」「圍」などの私的な生活を送る建物です。 この屋敷とともに、「豊臣秀吉朱印状」「鉄唐冠形兜・一の谷形兜」「朱具足」「備前無銘刀」「藤堂高吉公一代記」「羽柴秀吉・丹羽長秀の書筒」など学術的にも貴重な文化財が、平成3年に名張藤堂家から市に寄贈されており、平成4年に保存修理事業が完了した屋敷とともに一般公開されています。藤堂家は伊賀上野と津にもあります。
| kunio切手・写真の店長 | 地元振興関連 | 07:43 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |









http://blog.kunio.raindrop.jp/trackback/351411
会社の近隣紹介 能・座の発祥地と観阿弥
会社の近隣紹介 能・座の発祥地と観阿弥 下の写真は発祥地の能舞台(観阿弥ふるさと公園)です。     皆さんは観阿弥(かんあみ)をご存知でしょうか?能楽大成者です。下の写真は名張市役所前にある観阿弥の銅像です。市役所では毎年薪能が開催されていて
| プラツリ★ブログ | 2007/01/22 11:32 AM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE