「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
安藤広重画・東海道五十三次|「三島宿 (11th station: Mishima-juku)」
JUGEMテーマ:切手
 

11.三島宿(みしましゅく、みしまじゅく)は、東海道五十三次の11番目の宿場で、現在の静岡県三島市にあった。



富士からおくられる豊かな水、縄文の太古から続く豊かな緑、頼朝が源氏再興を志した舞台(伊豆一宮、頼朝旗揚げの地、右の鳥居の奥には三島大社である。)はその後、東海道三島の宿場として栄え、 歌人若山牧水、太宰治、井上靖等多くの作家にこよなく 愛されたまちです。昔は遊女や芸者さんたちも多かったと聞いています。



安藤広重画・東海道五十三次|「三島宿 (eleventh station: Mishima-juku)」



Mishima-shuku (三島宿, Mishima-juku) was the eleventh of the fifty-three stations of the Tōkaidō during Edo period Japan. It is located in the present-day city of Mishima, in Shizuoka Prefecture. The classic ukiyoe print by Ando Hiroshige (Hoeido edition) from 1831-1834 depicts travelers setting out in the early morning mists. One is mounted, and the other is traveling by kago. The torii of Mishima Taisha shrine is in the background. By contrast, the Kyōka edition of the late 1830s depicts a snow-covered village, with Mount Fuji in the background.



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|「日本橋(Nihonbashi/ Nihombashi)」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|箱根宿(tenth stations Hakone-juku)」
JUGEMテーマ:切手
 

10.箱根宿(はこねしゅく、はこねじゅく)は、東海道五十三次の10番目の宿場で、現在の神奈川県足柄下郡箱根町にあった。 1618年に箱根山にかかる箱根峠と箱根関所の間の狭い地域に設置された。これに対して古くからの箱根の町があった関所から江戸寄りの地域を「元箱根」と呼びます。


箱根宿(tenth stationi Hakone-juku)」


Hakone-juku (箱根宿, Hakone-Shuku) was the tenth of the fifty-three stations of the Tōkaidō. It is located in the present-day town of Hakone in Ashigarashimo District, Kanagawa Prefecture, Japan. At an elevation of 725m, it is the highest post station on the entire Tōkaidō and was even difficult for the bakufu to maintain. Hakone-juku was established in 1618, in a small area between Hakone Pass (on Mount Hakone) and the Hakone Checkpoint.The original Hakone-juku was on the Edo (modern-day Tokyo) side of the Hakone Checkpoint; however, the people living there at the time refused to build a honjin to create a new post station. As a result, the post town was developed on the side of the checkpoint heading towards Kyoto.


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|箱根宿(tenth stationi Hakone-juku)」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 15:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|大磯宿(8th station : Ōiso-juku)」
JUGEMテーマ:絵画
 

8.大磯宿(おおいそしゅく、おおいそじゅく)は、東海道五十三次の8番目の宿場で、今の神奈川県中郡大磯町にありました。 小田原宿から4里(16キロメートル)隔てたところが大磯宿です。江戸時代、大磯宿はたびたび大きな火災に見舞われています。
延台寺の虎御石は、 曽我兄弟の仇討ちの際に、工藤祐経の攻撃を受けた曾我時致の身代わりになったといわれている。  神奈川県中郡大磯町。曽我の十郎の愛人・虎御前が住んでいた事から名前が。


大磯宿(8th station : Ōiso-juku)」





Ōiso-juku (大磯宿, Ōiso-juku) was the eighth of the fifty-three stations (shukuba) of the Tōkaidō. It is located in the present-day town of Ōiso, located in Naka District, Kanagawa Prefecture, Japan.



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|大磯宿(8th station : Ōiso-juku)」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 10:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|「平塚(縄手道)(7th station : Hiratsuka)」
JUGEMテーマ:切手
 

7.平塚宿は江戸より七つ目の宿場にあたります。高座郡藤沢宿から相模川を越え、馬入村に入り、次いで平塚新宿、そして平塚宿になります。
平塚宿は慶長六年(1601)に成立します。隣接する淘綾郡大磯宿までは27町(約3km)の道のりで、県下でも宿と宿との間が最も短い宿場でした。
縄手道の副題から、川ではなく田圃のようです。正面の丸い山は高麗寺山で富士山が覗いています。先には花水川に架かった花水橋を渡る旅人。
昔大学に通っていた頃に電車から眺めていた風景です。神奈川県平塚市。


「平塚(縄手道)(7th station : Hiratsuka-juku)」


Hiratsuka-juku (平塚宿, Hiratsuka-juku) was the seventh of the fifty-three stations (shukuba) of the Tōkaidō. It is located in the present-day city of Hiratsuka, Kanagawa Prefecture, Japan. The classic ukiyoe print by Ando Hiroshige from 1831-1834 does not depicts the post station at all, but instead shows a zig-zag road above marshy fields, with Mount Fuji appearing behind Shonan Daira in the background.


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|「平塚(縄手道)(7th station : Hiratsuka-juku)」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 13:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|「藤沢宿(sixth station : Fujisawa-shuku )」
JUGEMテーマ:切手
 

6.藤沢宿は、東海道五十三次の6番目の宿場にあたります。今の神奈川県藤沢市。
宿場町藤沢は、鎌倉時代末(正中二年・1325)に遊行四代呑海上人が時宗の総本山・遊行寺(絵では山の中に大きく描かれている)を開いて以来、その門前町として栄えました。
慶長五年(1600)関ヶ原の戦の翌年、街道整備を目的に「伝馬掟朱印状」が発せられ、「藤沢宿」が誕生します。まず、「藤沢御殿」と呼ばれる、将軍専用の宿泊所を中心に据え、それまでの門前町に大久保町、坂戸町を加え宿駅が形成されていきました。


「藤沢宿(sixth station : Fujisawa-shuku )」


Fujisawa-shuku (藤沢宿, Fujisawa-shuku) was the sixth of the fifty-three stations of the Tōkaidō. It is located in the present-day city of Fujisawa, Kanagawa Prefecture, Japan. Before the establishment of the Tōkaidō, Fujisawa flourished as a “temple town” ( 門前町 monzen-machi ) for Yugyō-ji ( 遊行寺 ) , the head temple of the Ji-sect of Japanese Buddhism . In the background is the temple of Yugyō-ji on a hill, and in the foreground is a torii with a path leading to Enoshima (江ノ島) .


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|「藤沢宿(sixth station : Fujisawa-shuku )」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|「戸塚宿(5th station : Totsuka-juku )」
JUGEMテーマ:切手
 

 5.戸塚宿(とつかしゅく、とつかじゅく)は、東海道五十三次の5番目の宿場で、宿場町戸塚の東の玄関/江戸方見付跡(吉田町) 江戸から見て戸塚宿の入口であることを示す標識「見附」があった場所です。
ここから先、約3.5キロメートルの町並みが東海道の宿場町として整備されていました。 
戸塚宿の江戸の方を江戸方見附といい、京都の方を 上方見附といいました。鎌倉との分岐点でもある。
日本橋から旅程がちょうど一泊目にあたり、旅籠数が五十三次中、小田原宿に次ぐ規模であった。
大山道、鎌倉街道、厚木街道などと交差する要衝であった。


「戸塚宿(5th station : Totsuka-juku )」


Totsuka-juku (戸塚宿, Totsuka-juku) was the fifth of the fifty-three stations (shukuba) of the Tōkaidō. It was the eastern-most post station in Sagami Province. It is now located in Totsuka-ku in the present-day city of Yokohama, Kanagawa Prefecture, Japan.


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|「戸塚宿(5th station : Totsuka-juku )」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|「程ヶ谷宿(4th station : Hodogaya)」
JUGEMテーマ:切手
 

4.程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿とも書く)は、東海道五十三次の4番目の宿場で、かつての権太坂は一番坂、二番坂と急勾配が続き、江戸を出発した旅人が最初に迎える難所として知られていました。
 また、この難所を登り切ると武蔵国と相模国の国境にあたる境木にたどり着きます。
 境木はきわめて眺望が良く、難所を越え一息つける場所として茶屋が軒を連ねていました。
 その様子は浮世絵にも描かれています。後ろの山は神戸山か。


「程ヶ谷宿(4th station : Hodogaya)」


Hodogaya-juku (程ヶ谷宿, Hodogaya-juku) was the fourth of the fifty-three stations of the Tōkaidō. It is located in Hodogaya-ku in the present-day city of Yokohama, Kanagawa Prefecture, Japan. Occasionally, it is also written as 保土ヶ谷宿.


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|「程ヶ谷宿(4th station : Hodogaya)」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|「神奈川 台之景 (3rd station)」
JUGEMテーマ:切手
 

3.神奈川宿(かながわしゅく)は、東海道五十三次の3番目の宿場で、現在の横浜市です。神奈川宿の浮世絵では、現在の青木橋付近から横浜駅方面を望む。
亀甲煎餅が名物とされ、台町からの眺望は十返舎一九の『東海道中膝栗毛』や歌川広重の浮世絵にも紹介され名所とされた。

 日本武尊(やまとたけるのみこと)が東方へ赴く際、今の神奈川の海辺柚ヶ浦に船出の用意をしました。そこが「上無川(かみなしがわ)」なのでした。その時、倭姫(やまとひめ)にいただいた宝剣が金色燦然としてこの川水に映ったので、この地を金川(かながわ)と名付け、その後時が移り、源頼朝がこの金川(かながわ)の風光を賞し、「<金>は西の方角をつかさどるというが、西方は上(かみ)にあたるしし,皇城(こうじょう=都、天子のすむところ)にもあたる。これは神を大いに示す地である。」として<大いに示す>を「奈」の字にして、金川→神大示川→神奈川とすべきだといったので、その時から金川を神奈川としたという話です。

安藤広重画・東海道五十三次|「神奈川 台之景 (3rd station)」



Kanagawa-juku (神奈川宿) was established parallel to Kanagawa Port and it flourished as part of the route that goods traveled on the way to Sagami Province. Though the area had officially been designated as the place for the port to be opened, it was actually opened on the opposite shore in what is now Naka-ku, Yokohama.



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|「神奈川 台之景 (3rd station)」」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 06:54 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|「川崎宿 六郷渡舟(second station)」
JUGEMテーマ:切手
 

2.川崎宿は、東海道五十三次の2番目の宿場にあたります。今の神奈川県川崎市。川崎宿は他の宿場より遅く、元和 9年(1623年)に正式な宿駅となったといわれる。
 川崎大師が近く、参拝客で賑わった。 多摩川は、矢口や丸子の渡しを利用して渡った。対岸には舟賃を払うための船場会所(役所)が見える。棹を刺して踏ん張る船頭の描写は巧みだ。
 



安藤広重画・東海道五十三次|「川崎宿 六郷渡舟(second  station)」



Kawasaki-juku (川崎宿, Kawasaki-shuku) was the second of the fifty-three stations of the Tōkaidō. The classic ukiyoe print by Ando Hiroshige (Hoeido edition) from 1831-1834 depicts travelers in a ferry-boat crossing the Tama River, and passengers waiting on the further bank. Mount Fuji is depicted in the far distance.



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|「川崎宿 六郷渡舟(second station)」」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」


| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
安藤広重画・東海道五十三次|「品川宿 日乃出(1st station)」
JUGEMテーマ:切手
 

1.品川宿(しながわしゅく)は、東海道の第一宿であり、中山道の板橋宿、甲州街道の内藤新宿、日光街道・奥州街道の千住宿と並んで江戸四宿と呼ばれた。古典落語の廓噺(居残り佐平次、品川心中等)の舞台となっており、他の宿場がそうであったように岡場所(色町、遊廓、飯盛旅籠)としても賑わっていたことが覗われる。
 絵は、御殿山の麓を通過する大名行列の最後尾を描いている。

1601年 品川宿が設置されました。桜の名所であった御殿場山や潮干狩りの袖ヶ浦などを近隣にかかえ、旅籠屋の抱える飯盛り女の数も多く、江戸近郊の庶民の娯楽地としも盛況をきわめました。今では新幹線も止まります。
浮世絵では御殿山の麓を通過する大名行列の最後尾を描いています。
古典落語の廓噺(居残り佐平次、品川心中等)の舞台となっており、他の宿場がそうであったように岡場所(色町)としても賑わっていたことが覗われる。
 


安藤広重画・東海道五十三次|「品川宿  日乃出(1st station : Shinagawa-juku)」



Shinagawa-shuku (品川宿, Shinagawa-Juku) was the first of the fifty-three stations of the Tōkaidō.It is presently located in Shinagawa, Tokyo, Japan.



----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「安藤広重画・東海道五十三次|「品川宿 日乃出(1st station : Shinagawa-juku)」」の詳細は、  「日本切手 東海道五十三次 江戸・日本橋から三島までの切手」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 浮世絵切手|東海道五十三次 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE