「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
行事の切手|ハロウィン (Halloween, Hallowe'en) 10月31日
JUGEMテーマ:切手
 

 ハロウィン 、あるいはハロウィーン (Halloween, Hallowe'en) はヨーロッパを起源とする民族行事で、カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。 ケルト人の行う収穫感謝祭が、カトリックを信仰する他民族の間にも非宗教的な行事として浸透していったものとされている。


切手|ハロウィン (Halloween, Halloween)


 ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。


-------------------------------------------------------------------------------------------


■「行事の切手|ハロウィン (Halloween, Hallowe'en)」は、「世界の神話や祭りの切手 ハロウィン、イースター(復活祭)他」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 行事|祭 | 07:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
行事切手|9月1日は「防災の日」と「二百十日」 ・・ 「おわら風の盆」

JUGEMテーマ:天変地異、災害
JUGEMテーマ:切手
 

「防災の日」は、1960年(昭和35年)に、内閣の閣議了解により制定された。9月1日の日付は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものです。また、例年8月〜9月1日付近は、台風の襲来が多いとされる二百十日にあたり、「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められている。制定の前年の1959年(昭和34年)には、伊勢湾台風が襲来していた。
 
「防災の日」が制定されるまでは、9月1日に行われる行事は、関東大震災犠牲者の慰霊祭が中心であった。しかし、「防災の日」が制定されてからは、全国各地で防災訓練が行われる日となっている。

「おわら風の盆」

 
「二百十日(にひゃくとおか)」は、雑節のひとつで、立春を起算日(第1日目)として210日目、つまり、立春の209日後の日です。季節の移り変わりの目安となる「季節点」のひとつ。台風が来て天気が荒れやすいと言われている。夏目漱石『二百十日』が有名である。台風襲来の特異日とされ、奈良県大和神社で二百十日前3日に行う「風鎮祭」、富山県富山市の「おわら風の盆」など、各地で風鎮めの祭が催されてきた。


-------------------------------------------------------------------------------------------

■「行事切手|9月1日は「防災の日」と「二百十日」 ・・ 「おわら風の盆」」は、「日本の風物詩(祭りや行事)の切手」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 行事|祭 | 11:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本の古くからの行事|ひな祭り(女の子の節句)
JUGEMテーマ:季節の出来事
 

 雛祭り(ひなまつり)は女の子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。
 ひいなあそびともいう。「男雛」と「女雛」を中心とする人形を飾り、桃の花を飾って、白酒などの飲食を楽しむ節句祭り。平安時代の京都で既に平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていた記録が現存している。
 その当時においても、やはり小さな御所風の御殿「屋形」をしつらえ飾ったものと考えられる。初めは「遊びごと」であり、儀式的なものではなく其処に雛あそびの名称の由来があった。しかし平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があり、「上巳の節句(穢れ払い)」として雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。「雛人形」は、宮中の殿上人の装束(平安装束)を模している。

 

ハローキティ お雛様 日本国際切手展2011

ハローキティ お雛様 日本国際切手展2011 ハローキティ お雛様 日本国際切手展2011


 人形では左大臣(雛では髭のある年配の方)が一番の上位で天皇から見ての左側(我々の向かって右)にいる。ちなみに飾り物の「左近の桜、右近の橘」での桜は天皇の左側になり、これは宮中の紫宸殿の敷地に実際に植えてある樹木の並びでもある。


流しびな 
(鳥取県 鳥取市)

■「もちがせの流しびな」は旧暦の三月三日のひなまつり、男女一対の紙雛を桟俵にのせ、菱餅や桃の小枝を添えて、災厄を託して千代川(せんだいがわ)に流します。無病息災で1年間幸せに生活できますように願う情緒豊かな民俗行事です。 昭和60年、県無形民俗文化財に“もちがせの雛送り”として指定されています。
画家・原田泰治

日本の行事・ひなまつり

流しびな (鳥取県 鳥取市)


 ひな祭りには、ちらしずしや、はまぐりの潮汁などの汁物はかかせませんね。
 蛤(はまぐり)は他の貝とは絶対に合わないことから一夫一婦の願いを込め、お祝いの膳にお吸い物として添えられます。元々九州や沖縄などの地方で3月3日に潮干狩りなどをして楽しむ風習があり、そこから蛤を食べるようになったという説も。

本来は、1つの貝に身を2つ入れるのがしきたりです。


 関連ブログ「日本の風景|奈良県高市郡高取町(高取の道)の雛祭り




詳細は以下を参照下さい。

■日本の古くからの行事|ひな祭り(女の子の節句) の詳細 ほかは、
 「暮らしと生活・風習・世相の切手|こどもの日


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 行事|祭 | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本の風景|奈良県高市郡高取町(高取の道)の雛祭り
JUGEMテーマ:旅行
 

 昨年の2010年4月初め。奈良県高市郡高取町に行ってきました。
 今頃になるとあの綺麗なお雛様を思い出します。 今年もさぞかし賑やかだろうと思います。

 奈良県高市郡高取町(たかとりちょう)、有名な明日香村の隣。 8世紀初頭 「いにしえの渡来人」が活躍した古代の国際都市高取町でした。
 また、高取は浄瑠璃「壷坂観音霊験記」の舞台の壺阪寺と土佐街道(お城への道)沿いの「町家の雛めぐり」ではお雛様を一般の民家でも観光客に飾り見せる事で有名です。

 写真はメインのイベント会場の本当に多数のお雛様です。


 本当に多数のお雛様が優しい微笑で迎えてくれます。性別など関係無しに心が和みます。
 

ひな祭り




 他には日本一の山城・高取城、高取は漢方薬の本場で、色んな家が何かしら薬に関わっている地域です。 「薬」と高取のつながりは古くは万葉の昔にさかのぼります。もともと薬となる動植物が生息していたことに起因し飛鳥の宮廷行事の一環として雅やかに薬狩りが行われていました。以来千数百年の歴史を経て今日の製薬 卸業売薬の繁栄がもたらされました。

 町中を歩いていても、何故か薬のにおいが漂っています。 民家の軒先には、造花ではなく本物の綺麗な花々がお客様を出迎えてくれます。



 壺阪寺にある天竺渡来大観音石像は、インドハンセン病救済事業のご縁でインドからご招来したものである。 インド国民の協力と南インドカルカラの三億年前の古石がインド政府や様々な方のご支援で、提供され、延べ7万人のインドの石工が参加してすべて手造りで製作された。
 20mの巨岩は動かすことも、運ぶことも不可能なので66個に分割して彫刻し、日本に運ばれ組み立てられた。 この巨岩を支える土台は深く基礎岩盤にまで掘り下げられ、数万巻の写経と土台石が埋納されている。 また、胎内には数万巻の写経と胎内石が納められ、66個の石が1本の巨石となっている。 大きな観音様です。

      



 壺阪寺(南法華寺)は、大宝三年(七○三年)に元興寺の僧、弁基上人が建立の、古くから観音信仰が盛んに行われた霊場です。
 平安時代を代表する随筆のひとつ『枕草子』の中で清少納言によって「寺は壺阪、笠置、法輪」と賞賛されるこのお寺は、真言宗の寺。西国三十三ヶ所めぐりでも六番札所として、本尊十一面千手観世音菩薩(室町時代の樫材の寄せ木造)は眼病に霊験あらたかな観音様、目の観音様として全国各地から毎日多くの参拝者が訪れます。

 昨年の3月にはエジプトの世界遺産・アブシンベル神殿を見てきました。
 その時のラムセス2世像の大きさへの驚きと同じ驚きを感じました。




詳細は以下を参照下さい。
万葉の会 奈良県高市郡高取町(高取の道)


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 行事|祭 | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
生活・習慣・行事の切手|日本の行事・節分 (2月3日)
JUGEMテーマ:節分
 

節分(せつぶん、または、せちぶん、豆まき)は、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。
節分とは「季節を分ける」ことをも意味しています。
江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。

節分の行事は宮中での年中行事であった。延喜式をひも解くと、宮中ではこの日、彩色した土で作成した牛と童子の人形を大内裏の各門に飾ったもの。
もともと、この節分の鬼を払う悪霊ばらい行事は、平安時代頃から行われている「追儺(ついな)」(矢で鬼をはらう中国の風習)から生まれた。
『続日本紀』によると706年(慶雲3年)にこの追儀が始まり、室町時代に使用されていた「桃の枝」への信仰にかわって、炒った豆で鬼を追い払う行事となって行った。節分の日付は現在は毎年2月3日。

鬼とは季節の変わり目の事を言ったようです。 遠い昔に都が次々と変わった(遷都)時代がありました。 理由は鬼が横行する事で遷都したと聞いています。
昔から色んな意味で季節の変わり目には、身体的な事件が起こるようです。
 

生活・習慣・行事の切手|日本の行事・節分

節分には、豆を撒き、撒かれた豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べる。
また、自分の年の数の1つ多く食べると、体が丈夫になり、風邪をひかないというならわしがあるところもある。豆は「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがあります。

■東京の浅草、京都の花街、大阪の北新地などでは、芸者(舞妓、芸妓)やホステスが、節分の前後に通常の芸妓衣装ではない、様々な扮装をする。これを「節分お化け」と呼んでいます。

■恵方巻、恵方巻き(えほうまき)は、節分に食べると縁起が良いとされる太巻き、またはそれを食べる大阪を中心とした風習。別称として「丸かぶり寿司」「恵方寿司」「招福巻」「幸運巻」「開運巻き寿司」などと表現されることもある。 節分の夜にその年の恵方に向かって目を閉じて一言も喋らず、願い事を思い浮かべながら太巻きを丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされている。



 

詳細は以下を参照下さい。

■生活・習慣・行事の切手|日本の行事・節分 の詳細 ほかは、
 「暮らし・生活・風習・世相の切手|世界の人々の生活様式や庶民の暮らしの変遷など


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 行事|祭 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE