「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
久々の明るいニュース|日本の小笠原と平泉が世界遺産登録

JUGEMテーマ:旅行
 

世界遺産:ユネスコ諮問機関、「平泉」「小笠原」の登録を勧告

       注)記事は毎日新聞、写真と切手は当サイトのを利用しています。

 世界遺産の登録への可否を事前に審査する国連教育科学文化機関(ユネスコ)の諮問機関「国際記念物遺跡会議」(イコモス、本部・パリ)は7日(現地時間6日)、日本が再推薦した「平泉」(岩手県平泉町)について、世界文化遺産として登録を求める評価結果を勧告した。
 また、小笠原諸島(東京都小笠原村)は国際自然保護連合(IUCN)が審査、同じく自然遺産として「登録が適当」とする評価をまとめた。いずれも6月19〜29日にパリで開かれるユネスコの世界遺産委員会で正式に登録が決定される見通しで、決定すれば、日本の世界文化遺産は07年の「石見銀山遺跡とその文化的景観」(島根県大田市)に続く12カ所目。自然遺産は、05年の知床(北海道)に次いで4カ所目となる。
 
 平泉は08年の世界遺産委で「登録延期」とされ、政府が昨年1月に「浄土思想の表現」に強く関連する6資産に再構成し、再推薦していた。東日本大震災後、岩手県の達増拓也知事が「復興への象徴になる」と訴えるなど登録への期待が高まっており、復興を急ぐ被災地に希望を与えることになりそうだ。文化庁によると、震災で構成資産への被害はほとんどなかったという。
 平泉で推薦されたのは、12世紀に東北地方で繁栄した奥州藤原氏4代の遺体が眠る金色堂(こんじきどう)のある中尊寺など6資産。イコモスは、奥州藤原氏の居館だった「柳之御所遺跡」を外すなど、一部見直しを求めた。

中尊寺・大日堂

中尊寺・鐘楼

中尊寺・金色堂

中尊寺・金色堂

中尊寺・大日堂 中尊寺・鐘楼 中尊寺・金色堂 中尊寺・金色堂

平泉の金色堂(2000年)

平泉の金色堂
(1954年発行)

新動植物II 平泉・金色堂

中尊寺(金色堂)と紅葉

平泉の金色堂 日本 奥州・平泉の金色堂 日本 新動植物II 平泉・金色堂 中尊寺(金色堂)と紅葉

 

 小笠原諸島は都心から約1000キロ南にあり、南北約400キロにわたって大小約30の島々が連なっている。候補地は、自衛隊基地がある硫黄島などを除く陸域6360ヘクタールと海域1580ヘクタールの計7940ヘクタール。  IUCNの審査では、同諸島が「東洋のガラパゴス」と呼ばれるように、動植物が独自に進化している点が高く評価された。また、起源が同じ生物でも、小笠原諸島内の生息環境の違いで遺伝子も多様性に富んでいる点も注目された。


小笠原・オガサワラビロウと
太平洋の夜明け(1968年)

小笠原・オガサワラビロウと太平洋の夜明け(1968年)


 一方、島の外から持ち込まれた外来種が生態系を悪化させており、対策が課題だった。IUCNは、海域の保護区の拡大の検討、観光客の増加による環境悪化影響を抑えるための措置も促した。
【木村健二、江口一】 毎日新聞 2011年5月7日 東京夕刊


色々な意味で東北の活性化に繋がると信じています。




■世界遺産|日本の世界遺産の切手やニュース  は こちら

■東北の良い所やお気に入りの場所 は こちら


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 切手|世界遺産 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界遺産|日本の世界遺産・「日光の社寺」の切手 
JUGEMテーマ:趣味 JUGEMテーマ:旅行 

 日本の世界遺産(UNESCO World Herittage)・日光の社寺(Shrines and Temples of Nikko)の切手(Stamp)です。
 世界遺産の範囲は、栃木県日光市の二社一寺(日光東照宮、日光二荒山神社、日光山輪王寺 )及びそれらの境内地からなり、その中には国宝9棟、重要文化財94棟の建造物群が含まれています。 日光と言えば東照宮です。
 日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)は栃木県日光市にある神社。江戸幕府初代将軍徳川家康を神格化した東照大権現を祀る。 日本全国の東照宮の総本社的存在である。正式名称は地名等を冠称しない「東照宮」であるが、他の東照宮との区別のために、「日光東照宮」と呼ばれることが多い。

 日光山輪王寺(りんのうじ、世界遺産)は、栃木県日光市にある天台宗寺院。創建は奈良時代にさかのぼり、近世には徳川家の庇護を受けて繁栄を極めた。明治初年の神仏分離令によって寺院と神社が分離されてからは、東照宮、二荒山神社とあわせて「二社一寺」と称されているが、近世まではこれらを総称して「日光山」と呼ばれていた。「輪王寺」は日光山中にある寺院群の総称でもあり、堂塔は、広範囲に散在している。徳川家光をまつった大猷院霊廟や本堂である三仏堂などの古建築も多い。大猷院本殿は、仏殿造りで家光公の木像をまつり、唐戸には金彩を施した唐獅子の彫刻などがずらりと並ぶなど、江戸芸術の極致を見せる。国宝。

二荒山神社神橋、二荒山神社本殿、輪王寺大猷院風神、輪王寺大猷院雷神 

世界遺産・「日光の社寺」  世界遺産・「日光の社寺」 

輪王寺大猷院拝殿、輪王寺大猷院本殿
 
世界遺産・「日光の社寺」

東照宮唐門、唐門の麒麟(キリン)、東照宮孔雀、左甚五郎の眠り猫

世界遺産・「日光の社寺」 世界遺産・「日光の社寺」



 眠り猫(ねむりねこ)は、栃木県日光市の日光東照宮にある彫刻作品。左甚五郎の作品と言われている。これらの動物のほとんどは平和を象徴するものとして描かれている。奥社入口を護る「眠り猫」は、前足をしっかりと踏ん張っている事から、実は徳川家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢をしているともいわれているが、もう一つの教えとして(裏で雀が舞っていても)「猫も寝るほどの平和」を表しているのである。


 陽明門 陰陽道に強い影響を受け、本殿前に設けられた陽明門(国宝)とその前の鳥居を中心に結んだ上空に北極星が来るように造られているという。また、その線を真南に行けば江戸へ着くとされ、さらに主要な建物を線で結ぶと北斗七星の配置と寸分違わぬよう設計されているという、そのため陽明門前の写真店屋のある辺りが日本一運気の強い場所と言われている。


 世界遺産・日光・東照宮・陽明門の切手各種

世界遺産・「日光の社寺」 世界遺産・「日光の社寺」 世界遺産・「日光の社寺」

世界遺産・「日光の社寺」 世界遺産・「日光の社寺」 世界遺産・「日光の社寺」



■世界遺産|日本の世界遺産・「日光の社寺」の切手  は こちら


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 切手|世界遺産 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界遺産|大足石刻の金箔を張った千手観音菩薩
JUGEMテーマ:旅行

 大足石刻は649年に最初に切り開かれ、唐朝末期、五代、宋代に次々と作られ、明清代(14〜19世紀)まで、石刻の数は増加を続け、最終的には、巨大な巨大な規模になり、中国の石刻芸術の精華として、末期の中国石窟芸術の代表として、中国三大石窟である、「雲こう石窟」、「龍門石窟」、「莫高窟」と同じくらい有名である。 大足石刻も芸術的価値や規模では中国三大石窟と比べても遜色がない。


大足石刻の金箔を張った千手観音菩薩


 特に有名なのは、宝頂山にある仏陀の入滅を描いた釈迦涅槃像で全長31mにも及びます。また、金箔を張った千手観音菩薩も有名で、これは本当に1000本以上の手を持つ荘厳な像です。



■世界遺産|大足石刻の金箔を張った千手観音菩薩ほか仏教美術の切手 は こちら


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 切手|世界遺産 | 07:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界遺産|中国・敦煌・莫高窟第3窟の壁画・千手千眼観世音菩薩
JUGEMテーマ:旅行 JUGEMテーマ:アート・デザイン


 アジアの中国(China)に限定した世界遺産・遺跡を中心にした切手(Stamps)で敦煌(Dunhuang、とんこう)を中心に。
 シルクロードも通り異文化交流も盛んに行われた土地柄です。
 敦煌・莫高窟(ばっこうくつ) が世界遺産として登録されています。
 敦煌市は中国甘粛省北西部の都市。かつてシルクロードの分岐点として栄えたオアシス都市。  敦煌は紀元前111年の西漢時代に敦煌都として設立されて以来、歴代シルクロードの交通の中枢として東西文化交流の中心地となって来ました。
 近隣にある莫高窟とそこから出た敦煌文献で有名です。市内には名所旧跡が多く世界的に有名な世界遺産(World Heritage.)・莫高窟千仏洞をはじめ、美しい砂丘の連なる鳴沙山、神秘のオアシス月牙泉、古代シルクロードの二つの要衝・陽関と玉門関、漢代の万里の長城遺跡、河倉故城、白馬塔、三危聖境ほか歴史的遺産の宝庫である。


敦煌の壁画・莫高窟第3窟の壁画・千手千眼観世音菩薩(1996年)

敦煌の壁画・千手観音 


 莫高窟第3窟の壁画・千手千眼観世音菩薩は、中原の漢民族文化と、密教芸術の様式が共に見られる代表的なもので、中国人物画を描く技法である「鉄線描」「折蘆描」「遊ヒソ描」「丁頭鼠尾描」など、多くの線描が用いられている。色遣いも淡く上品で、線描により描かれた仏教芸術では最高のものである。
 ラマ教(チベット仏教)は観音を崇拝し、千手千眼観音は信仰の対象としてラマ教寺院によく見られる。 別名大悲観音。
 本尊は十一面で、大手が40本。その内2本は化仏(けぶつ:仏の化身、象徴)を捧持、2本は合掌し、2本は托鉢を持っている。 34本は種々の印を結んでいる。 その他の小手は、全体がまるで光背のように輝いて観音の周りに広がっている。 各々の掌の目は観音の慈悲深さを表す。

 菩薩(ぼさつ):ただいま修行中!出家前の王子時代の釈迦がモデルなので、胸飾りやブレスレットを身に付けている。他者を救う“行”をしているので、すぐ助けに行けるよう基本的に立ち姿で表され、瞑想には入らない。坐ったり瞑想していては素早く動けないからだ。

   



■世界遺産|中国・敦煌・莫高窟第3窟の壁画・千手千眼観世音菩薩 は こちら


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 切手|世界遺産 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界遺産|澳門・媽閣廟(マァコッミュウ、マカオ)
JUGEMテーマ:趣味  JUGEMテーマ:旅行


 マカオ (Chinese Macau)、澳門(おうもん、アオメン、広東語,オウムン)は、中国大陸南岸の珠江河口(珠江デルタ)に位置する旧ポルトガル植民地で、現在はカジノ(Casino)と世界遺産(World Heritage.)を中心とした世界的な観光地としても知られています。
 マカオの22の歴史的建造物と8カ所の広場が「マカオ歴史市街地区」として世界文化遺産に登録されました。

 媽閣廟(マァコッミュウ、澳門)

 媽閣廟(マァコッミュウ)


 媽閣廟(マァコッミュウ)は、中国南部や台湾などで広く信仰されている航海の女神「阿媽(アマ)」を祀ったマカオ最古の中国寺院。
 正門、中国式鳥居と、4つのお堂から成り、一つのお寺に異なる神々を祀っていることから、多様な信仰に支えられた中国文化の代表例とされています。
 正門をくぐると、丘を登る階段に沿って、正殿、正覚禅林殿、弘仁殿、観音閣の4つのお堂が建っており、正殿、正覚禅林殿、弘仁殿には阿媽と道教の神が、一番上の観音閣は仏教の観音が祀られています。

 

澳門・媽閣廟

媽閣廟(マァコッミュウ)


 媽閣廟は、マカオ半島の南端の「媽閣山」のふもとに位置し、マカオ内港の入り口にあります。
 「媽祖」は福建の漁民の娘で、心優しく、人助けをいとわなかったため、死後仙女になりました。
 仙女になった「媽祖」は、難破しそうな漁船の上に現れて幾度も危機を救ったため、漁民の安全を守る神として福建や台湾の沿岸沿いを中心に信奉されていす。
 マカオの媽閣廟は、明代に1艘の商船が難破しそうになったとき、神女がマカオ半島の上に現れ、安全に船を導いたという伝説がもとになっています。
 難破を免れた船の乗組員たちが、後に神女が立っていた場所に建てた寺院が、現在の媽閣廟です。



■世界遺産|澳門・媽閣廟(マァコッミュウ、マカオ) は こちら
■旅行写真|中華人民共和国・世界遺産の澳門(マカオ、Macau)は こちら

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 切手|世界遺産 | 08:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE