「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
サミットの最中、解消できない環境や温暖化に関する危惧
主要国首脳会議(ラクイラ・サミット)は8日、地球温暖化対策にかかわる首脳宣言を発表した。
温室効果ガスの排出削減について、主要8カ国が「2050年までに80%以上の削減」との新規目標を打ち出したことで、日本もその目標を支える重い責任を背負うことになった。ただ、温室効果ガスの排出量取引を活性化したい欧州や、環境技術で世界の主導権を握ろうとする米国に対し、日本がどのような戦略を持って大幅な温室効果ガス削減に取り組むのか判然としない。温暖化対策は人類共通の重要な課題です。

新興国は自らの排出削減そのものに強く反発しており、G8に新興国を加えた17カ国で9日午後に始まった主要経済国フォーラム(MEF)の首脳宣言で、数値目標が盛り込まれるかは不透明です。

下の切手は1993年に国連本部が発行した環境に関する危惧(アラーム)の切手です。あれから15年後、まさしくその危惧が目の当たりで多発してます。海水面の上昇で水没する国、万年雪をたたえたアフリカやヨーロッパの山々から雪が消えて行く現象。身近では今迄近辺では見た事も無いクマゼミの死骸。雨の降り方も、しっとりとした雨でなく、スコール形態へと変貌してる。また、日本近海で急速に台風となった低気圧・・・枚挙に暇がありません。
皆、地球温暖化に関係有りそうです。

環境の趨勢・変化(国連ニューヨーク本部、1993年) カメレオン、竜巻の下のヤシの木、竜巻、野鳥天国
国連 温暖化 排出ガス規制 切手
環境の趨勢(国連ジュネーブ支部、1993年) 白熊、鯨、ゾウアザラシ、ペンギン 温暖化
国連 温暖化 排出ガス規制 切手

環境の趨勢(国連ウイーン支部、1993年) 猿、青い鳥と煙を出す工場、火山と核施設、フクロウと3つのサボテン 温暖化
国連 温暖化 排出ガス規制 切手

この他、環境や災害・地震・火山に関する切手も整理してます。各画像クリックで詳細ページをご覧いただけます。

今迄は映画でしか見る事が出来なかった事柄が、地球規模で起こり始めています。

「世界の天変地異(気象・温暖化・地震・火山)や戦争の災害・環境保全の切手」は こちら から。

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」
| kunio切手・写真の店長 | 環境|環境問題・温暖化・水資源 | 08:31 | comments(0) | - | pookmark |
環境問題|地球が危ない。「記録に無い」、「史上初」・・変だ
最近、「記録に無い」、「史上初」のニュースが富に多い。・・何かが変だ。何れも今年に入ってからの現象です。物議をかもすために提供している訳ではありません。地球が何か変ですよ。それは本当です。

・NI Report ブラジルに気象観測史上初となるハリケーン到来
・新潟市1月の積雪「なし」 観測史上初めての記録
・観測史上初!北極海の両側(北東・北西)の海氷が消滅
・九州 5県で光化学スモッグ 注意報発令 鹿児島では史上初
・5-6月の猛暑
・バレンタインに札幌8度、静岡26度  ・・・・ 

ここ最近では九州や東海地方・関東地方は集中豪雨・ゲリラ豪雨見舞われ甚大な被害が出ています。ここでは、地球温暖化や環境保全を考えてみました。地球温暖化は、大気や海洋の平均温度の上昇だけではなく、生物圏内の生態系の変化や海水面上昇による海岸線の浸食といった事を起こします。最近になり京都議定書の批准をしない国々が色々な災いを生じさせてる様に思えてなりません。

国連・天気図(1989年) アメリカ西海岸の嵐システム/北極の空気が流れ込むヨーロッパ/北欧の地形と天気図/ユーゴ・アルプス上空の雲/北西太平洋の台風




「世界の天変地異(気象・温暖化・地震・火山)や戦争の災害・環境保全に関する切手の切手」はこちらから。
| kunio切手・写真の店長 | 環境|環境問題・温暖化・水資源 | 22:05 | comments(0) | - | pookmark |
地球温暖化と環境保全の切手
地球温暖化と環境保全の切手

地球温暖化については、人口問題と相俟って、凡そ20年ほど前から警鐘が鳴らされている。
先日、温暖化をテーマに書いたので今回は環境保全について考えました。

環境保全の切手

公害反対運動(アメリカ、1970年)土、年、水、大気の保全を訴える切手です。
温暖化と公害問題は切っても切り離せない関係であると思っています。
10年程前に京都大学の傍に住んでいた事がありました。歩いて会社まで通勤していましたが夏になると「クマゼミ」がゴロゴロと歩道を埋め尽くし、生まれが関東であった為に非常に珍しく手にとって観察したものでした。
最近、自宅(関西の避暑地)に戻り蝉の声を聞きますが正しく「クマゼミ」の泣き声です。
本来は亜熱帯地域に生息する蝉です。変ですね?
今日TVを見ていますとミカンの北限が佐渡島と聞き非常に驚きました。私達が子供の頃は神奈川県の曽我山が北限で、近所で「みかんの花が・・・」の童謡が生まれたと聞いていました。
最近になり沖縄のさんご礁が減り、千葉にさんご礁が出来つつある事や、沖縄の県の魚「ぐるくん」が福岡で取れる等、何だか昔の常識を大きく逸脱する話ばかりです。
熱帯魚が秋田県で取れるそうです。何ですか?
景気低迷ばかりでなく自然現象にも目をむけ、人間=自分達がしてきた事を今さながら見直す時期に来たのかと深く感じてます。
日米選挙活動でお金を使う時代はもう過ぎたのではないでしょうか?
皆さんは如何思われますか?
地震も不安です。いつ起きてもおかしくないです。
最後に画像クリックで該当ページにジャンプします。
| kunio切手・写真の店長 | 環境|環境問題・温暖化・水資源 | 20:33 | comments(0) | - | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE