「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
不思議|UMA(未確認動物)・スノーマン(雪男)の切手 ブータン


 UMA(未確認動物)・スノーマンの切手

 宇宙人や雪男等のUMA(未確認動物 (Unidentified Mysterious Animal))の切手です。未確認動物(みかくにんどうぶつ)とは、存在の可能性があるとされながら、生物学的に確認されていない未知の動物のことである。現在では一般に知られているジャイアントパンダやローランドゴリラが生物学的に確認されたのは19世紀以降で、それ以前にはUMAだったとも言える。



 紹介する切手はブータンで発行された3D、プリズム(立体)切手と三角切手です。
 いかにもと想像出来る雪男のイメージです。

雪男 UMA 未確認動物 切手 雪男 UMA 未確認動物 切手

 雪男(ゆきおとこ)は、降雪の多い地方にいると言われている獣人(未確認動物)の総称。 ヒマラヤ山脈のイエティ、ロッキー山脈のビッグフットなどを指すことが多い。日本国内では中国山地のヒバゴンも雪男とされる。
 ヨーロッパにおいてゴリラが、ギリシア時代からの記録がありながら19世紀末まで架空の生物だと思われていたという例もあるので、雪男についても実在を強く信じる人間は少なからずいる。
 一方、ヒマラヤ地域ではヒグマの姿をシェルパに見せたところ、彼らはヒグマを「イエティ」と認知したことが判明している。ブータンで「雪男」を指すとされた「メギュ」、チベットでの「テモ」もヒグマを指す名称だった

 確かに何かが存在してるのだと思います。



■「不思議|UMA(未確認動物)・スノーマン(雪男)の切手 ブータン」 の詳細は、
  「宇宙人や雪男等のUMA(未確認動物 (Unidentified Mysterious Animal))と架空の生物やオーパーツ(「場違いな工芸品」)の切手や写真」

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | α|UFO(未確認飛行物体) | 07:37 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
飛行物体|UFO(未確認飛行物体)切手と実際のUFO写真
JUGEMテーマ:UFOと宇宙 JUGEMテーマ:旅行


 先日UFOの写真を掲載し、UFOの切手を整理していたら、良く似たものが見つかりました。
今までは余り興味がありませんでしたが、いざ目の当たりにすると大きく気持ちも変化します。

 Wikipediaによれば、未確認飛行物体(みかくにんひこうぶったい)とは、その名の通り何であるか確認されていない飛行体のこと。「Unidentified Flying Object」(アナイデンティファイド・フライング・オブジェクト)の頭文字をとってUFO(ユーフォー、ユー・エフ・オー)と呼ばれる。本来アメリカ空軍で用いられている用語で、主として国籍不明の航空機などに用いられている。進路を見失った飛行機や他国のスパイ機、さらにはミサイルの可能性があるので、スクランブル(緊急発進)の対象となる。必ずしも物体ではなく、自然現象を誤認する場合もあるため、未確認空中現象(Unidentified Aerial Phenomena、UAP)が用いられることもある。だそうです。
 宇宙人の話まで飛躍する積もりはありませんが、未確認飛行物体(UFO)の存在は嘘偽りの無い事実です。


日本のUFO切手      トルクメニスタン(2000年)のUFO
 
UHO(未確認飛行物体)   UHO(未確認飛行物体)

日本の切手は、UFO(ピンク・レディー、1977年)作詞:阿久悠 作曲:都倉俊一 をイメージしたものです。


Mattituckの街中のブドウ畑で見たUFOらしき飛行物体(実寸)

アメリカ・MattituckでUFO??
 
と比較してみると形が似ています。


■「世界の飛行機・UFO等の空を飛ぶ機械の切手」は こちら から。
若し、UFO切手をお持ちの方がいたら借用させてください。



■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | α|UFO(未確認飛行物体) | 19:37 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
USA|ニューヨーク州・MattituckでUFO写真??(娘のブログより)
JUGEMテーマ:UFOと宇宙 JUGEMテーマ:旅行



ニューヨーク州ロングアイランドのMattituckで撮影しました。
Mattituckと言うと聞きなれない町ですが、ニューヨークワインの産地で、ロングアイランドの東方にあり、マンハッタンからわずか2、3時間車で到着する閑静な町です。
家族が運営していえうぶどう園やワイン作りの手伝いで訪問しています。
2009年6月末〜7月初めに撮影した写真から。画像はデジカメで撮影。
ブドウ畑や礼拝場所で見られたUFO(未確認飛行物体)です。意識して撮った訳ではありませんが、後日写真を確認してて発見しました。


■娘がニューヨークであった交通事故の怪我の治癒のためにMattituckのマリア様に礼拝に行った時にピンクの○印の部分にUFOが

アメリカ・MattituckでUFO??

非常に小さいですがマリア様が見ています。 Mattituckの街中のブドウ畑で
アメリカ・MattituckでUFO??

UFOとは別に、不思議な事があり、司祭からは貴女が礼拝に訪れることは聞いていました。その為にマリア様にお願いしていました。と聞きました。何か因縁を感じます。


■見たUFOらしき飛行物体(数日後)・・当日は弟の奥さんのお父さんの誕生日との事でぶどう園の手入れを手伝いながらお祝いをし、ぶどう園を何気なしに撮影したとき写した写真です。現地の7月2日と思います。

アメリカ・MattituckでUFO??

Mattituckの街中のブドウ畑で見たUFOらしき飛行物体(実寸)

アメリカ・MattituckでUFO??

Mattituckの街中のブドウ畑で見たUFOらしき飛行物体(全景)

ufo

聖書の文章をUFOに関すると解釈する主張はしばしば見られる。古代宇宙飛行士説と関連づけて解釈されることもある。

真っ先に挙げられているのは、イエス・キリスト誕生の際に現れたという「動く星」である。キリスト誕生のとき東方の三博士は動く星に導かれ、星は厩(うまや)の上にとどまった、というものである(新約聖書・マタイ福音書第2章)。



★ニュースソース「アメリカ・MattituckでUFO??」(TOKYOひとりぐらし

画像の転用はお断りします。

★「USA(アメリカ合衆国) ニューヨークワインの故郷・ニューヨーク州のMattituck」は こちら から。

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | α|UFO(未確認飛行物体) | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE