「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
スカイフィッシュ(UMA)がターミネーター展に出現
近年、新たなタイプのUMAが増えてきている。それは人の目には見えないが、動画や写真に姿が写っているという、まるで幽霊のようなUMAである。その代表格がスカイフィッシュだ。そのスカイフィッシュが今年3月〜6月末までお台場で開催されたターミネーター展に出現、オカルト作家の山口敏太郎氏が被写体となった写真に写っていた。

 山口氏の頭上に白くて長細いものが写り込んでいるのが分かるだろう。山口氏と他のオカルト専門家によると、この物体はスカイフィッシュではないかという。
 スカイフィッシュにはさまざまな形状の物が存在するが、長細い体で、側面にヒレ状の突起が並んでいる物が多い。そのため、魚のように見えることからこの名で呼ばれている、近年注目されているUMAだ。先述のように肉眼での目撃例はまずなく、映像や写真で初めて姿が確認できることから、その正体について多数の説が飛び交っている。
 例えば、某大国の政府や軍によって人工的に生み出された生物ではないかとの説や、古代生物アノマロカリスが空中で生活できるまでに進化したのでは、との説がある。
 だが、最近はスカイフィッシュは生物ではないのでは、との考えも強くなっている。その中で一番驚くべき説がUFOではないかというのものだ。UFOであれば、高度な技術で人間の目には見えないようにすることも可能だろうというのだ。(実際、全体が透明なスケルトンUFOも撮影されている)

 さらに、スカイフィッシュがUFOであるなら、ターミネーター展に姿を現したのは偶然とは言い切れない可能性がある。なぜなら、UFOとは未来人の乗り物では、という説もあるからだ。
 ご存知の通り、「ターミネーター」は、人工知能を持ったアンドロイド軍と人間が戦争状態にある近未来が背景になっている。今回ターミネーター展に現れたスカイフィッシュは、未来より送られてきた偵察機だったのではないだろうか。つまり「ターミネーター」が描く未来と、実際に未来人の住む世界があまりにも酷似していたため、未来人が偵察に来た、とも考えられないだろうか。
 今年6月13日より公開されている「ターミネーター4」では、2008年に地球上のあらゆる都市が、超高性能コンピューターネットワーク「スカイネット」により核攻撃を受けたという設定になっている。それは、若干時間がズレただけで、これから起こりうる可能性が十分あるのだ。都市伝説の類ではあるが、2012年に人類滅亡、世界崩壊の時が来る“2012年問題”とリンクしてくるのも不気味だ。今後の世界がどうなるか、ターミネーター展に訪れた謎の物体はその答えを知っているのかもしれない。
【内外タイムス 2009年7月24日】


「宇宙人や雪男等のUMA(未確認動物 (Unidentified Mysterious Animal))と架空の生物の切手」の頁は こちら です。

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」
| kunio切手・写真の店長 | 動物|恐竜・古生物切手とニュース | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カンボジアの恐竜切手(1996年発行) NO.2
カンボジアの恐竜切手(1996年発行)です。前回は触りだけでしたので、少し詳しく記載。以下、Wikipedia,福井県立恐竜博物館,恐竜データ集他を参考にしました。


コエロフィシス(Coelophysis)、エウパルケリア類(科)(Euparkeriids)小型槽歯類
ロストワールドの恐竜や古代生物・化石の切手
プラテオサウルス(Plateosaurus)、ヘレラサウルス(Herrerasaurus)

■コエロフィシス(Coelophysis )は、三畳紀後期(2億1000万年前)、北米に生息した初期の肉食恐竜である。小型の動物を捕食していたと考えられている。エウパルケリアは小型の鋭い歯を持つ進化した主竜類であり、足が恐竜と同じように胴体から真下に伸びており、後脚二本で走ることが出来たようだ。また、眼窩には他の偽顎亜目には見られない、全ての恐竜に見られる眼球の支持器官である「強膜板」があり、恐竜に最も近づいた主竜類の一つである。
■エウパルケリア科とは、槽歯目・オルニトスクス亜目・エウパルケリア科に属する小型槽歯類のグループ。 進化した主竜類であり、恐竜の祖先にごく近いと考えられている。おそらくは世界中の陸地に生息していたと思われる。小型で敏捷な槽歯類 Thecodonts であり、恐竜ではない。
■プラテオサウルス(Plateosaurus=“平らな爬虫類”の意)は三畳紀後期に生息していた古竜脚類の恐竜。全長は7〜9m。最初期の大型植物食恐竜で、ドイツ、フランス、スイス、グリーンランドなど、広い範囲で発見されている。ずんぐりした胴体に、細く長い頸があり、頭部は小さかった。前肢は後肢より短く、二足歩行をした姿で描かれる事が多いが、四足歩行も行なったと考えられる。前肢の第一指(親指に当たる)には大きく発達した鉤爪が存在していた。 
■ヘレラサウルス (Herrerasaurus) は三畳紀後期、カール期(2億3000万年前-2億2000万年前)に生息していた小型の獣脚類恐竜である。化石はアルゼンチンで発見されている。二足歩行でおそらく肉食であった。体長3 m、体重250-300 kgで手には5本、足には4本の指があり非常に原始的である。

ディロフォサウルス(Dilophosaurus)、トゥオジャンゴサウルス(Tuojiangosaurus)
ロストワールドの恐竜や古代生物・化石の切手
カマラサウルス(Camarasaurus)、ケラトサウルス(Ceratosaurus)

■ディロフォサウルス(Dilophosaurus)は、ジュラ紀前期シネムール期からプリンスバック期にかけて北米・中国に生息した原始的な獣脚類恐竜。頭骨の上部に1対を持つ半月状の鶏冠が特徴的で、「二つの隆起を持つトカゲ」という意味の学名はこれに依るもの。 
■トゥオジャンゴサウルス (Tuojiangosaurus ) は中生代ジュラ紀後期に生息していた草食恐竜である。鳥盤目 - 剣竜下目 - ステゴサウルス科に属する。属名は「沱江(揚子江の支流)のトカゲ」という意味である。全長は約7m、体高は約2m、体重は推定でおよそ4t。初めて発見された肩に棘のある剣竜である。 
■カマラサウルス(Camarasaurus)は、ジュラ紀後期(1億5500万年-1億4500万年前)に北アメリカ大陸で最も栄えていた草食の竜脚類恐竜の一種。学名は「空洞を持つトカゲ」という意味である。全長9〜18m、体重20tに達するが、同時期の竜脚類としてはそれほど大きくはなく、それが大きく繁栄した理由と考えられる。 
■ケラトサウルス (Ceratosaurus) は、中生代ジュラ紀中期から後期にかけての現北アメリカ大陸と現アフリカ大陸に生息していた獣脚類の恐竜の一種。竜盤目 - 獣脚亜目 - ケラトサウルス科に属する。属名は「角をもつトカゲ」を意味する。体長約4.5 - 6m[1]の中型肉食恐竜である。目立つ特徴としては、鼻の上に角状の骨質の突起があり、また眼窩上部にも瘤状の隆起が見られ、また背面正中線上に骨質の板が並んでいることである。


詳細は こちら のページから、若しくは画像クリックで。

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」
| kunio切手・写真の店長 | 動物|恐竜・古生物切手とニュース | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
兵庫でティラノサウルスの歯の化石 大型化時期見直しか
 兵庫県三田市の「県立人と自然の博物館」は20日、同県丹波市の前期白亜紀の地層「篠山層群」下部層(約1億4千万〜1億2千万年前)から、肉食恐竜「ティラノサウルス類」の歯の化石が見つかったと発表した。
 歯の大きさから体長は約5メートルと推測される。これまで見つかったティラノサウルス類の前期白亜紀の体長は1〜3メートルで後期白亜紀(約9900万〜6500万年前)に大型化したとみられてきたが、今回の発見で大型化の時期が早まる可能性が出てきた。

 ティラノサウルス(Tyranosaurus)タンザニアの切手/ルーマニアの切手
 ティラノサウルス(Tyranosaurus)    ティラノサウルス(Tyranosaurus)

 見つかった歯は2本で、長さ18ミリ幅6ミリと、長さ8ミリ幅5ミリ。今年3月、国内最大級の植物食恐竜「丹波竜」の発掘調査の過程で見つかった。いずれも上あごの前歯とみられ、大型化が進んだ後の特徴である縦筋もみられる。

(朝日新聞 2009年6月21日 掲載の転記、写真は当サイトのものを利用)


 前期白亜紀では今年4月、中国・甘粛省で約1億1200万〜9900万年前とみられる地層から、大型化が進み始めたティラノサウルス類の頭や脚の化石が見つかっている。今回はそれを数千万年さかのぼる発見という。

 ティラノサウルス類は約1億6500万年前に出現。8400万年前の地層からは10メートル級の大型のものが発見されている。発掘成果は、今月27日に千葉県である日本古生物学会で発表する予定。

冨田幸光・国立科学博物館地学研究部研究主幹(古脊椎(せきつい)動物学)の話 年代が確定されれば、今まで知られているなかで世界的に一番古い部類に入ることになり、これまで考えられていた恐竜の進化のパターンを書き換える可能性がある。最近、中国などで同類の化石が発見されていることに続いて、同類のアジア起源説を一層裏付けるものになるかもしれない。


****************************************************************

日本で見つかった恐竜の切手

フタバスズキリュウ(Futabasaurus suzukii) イグアノドンとドロマエオサウルス
フタバスズキリュウ(Futabasaurus suzukii)         イグアノドンとドロマエオサウルス<br />

■フタバスズキリュウ(Futabasaurus suzukii):日本・福島県いわき市で発見された中生代ジュラ紀前期から白亜紀後期まで、海に栄えて絶滅した海生爬虫類。
■日本で発見された恐竜(1999年発行):福井県で発見された恐竜化石の代表的なものであるイグアノドンとドロマエオサウルスを描いている


関連のページとしては「ロストワールドで生きていた古代生物や恐竜・化石のニュース」と「ロストワールドで生きていた古代生物や恐竜・化石の切手」があります。参考にしてください。

| kunio切手・写真の店長 | 動物|恐竜・古生物切手とニュース | 10:55 | comments(0) | - | pookmark |
ロストワールドの恐竜や古代生物・化石の切手
ロストワールドの恐竜や古代生物・化石の切手

先日、ジュラシックパークの放映があり、恐竜世界が結構生々しく出来ており、超古代に思いを馳せてみました。今回はロストワールドの恐竜や古代生物・化石の切手特集です。

界で最初の古代生物切手はインドで1951年にステゴドンが発行され、恐竜切手(ルーフェンゴザウルス)は1958年に中国で発行されました。
ルーフェンゴザウルスは中国・四川省、雲南省、チベット(西蔵)自治区で発見された四足あるいは二足歩行の植物食恐竜。



下はカンボジアの恐竜切手(1996年発行)です。

ロストワールドの恐竜や古代生物・化石の切手
コエロフィシス(Coelophysis)、エウパルケリア類(科)(Euparkeriids)小型槽歯類、
プラテオサウルス(Plateosaurus)、ヘレラサウルス(Herrerasaurus)

ロストワールドの恐竜や古代生物・化石の切手
ディロフォサウルス(Dilophosaurus)、トゥオチァンゴサウルス(Tuojiangosaurus)、
カマラサウルス(Camarasaurus)、ケラトサウルス(Ceratosaurus)

日本の切手の中で珍しい切手が見つかりましたので追加しました。日本のゴジラとガメラ(架空生物)切手です。
詳細は こちら のページから、若しくは画像クリックで。

| kunio切手・写真の店長 | 動物|恐竜・古生物切手とニュース | 13:09 | comments(1) | - | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE