「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
花の写真|シュロ(Trachycarpus)の花
JUGEMテーマ:花の写真
 

 シュロ(棕櫚、棕梠、椶櫚)は、ヤシ目ヤシ科ヤシ属 Trachycarpus の総称。シュロ皮を煮沸し、亜硫酸ガスで燻蒸した後、天日で干したものは「晒葉」と呼ばれ、繊維をとるのに用いられる。
 シュロ 皮の繊維は、腐りにくく伸縮性に富むため、縄や敷物、ホウキなどの加工品とされる。
 又、シュロの皮を用いて作られた 化粧品も発売されています。

 シュロ(Trachycarpus)の花

 
Trachycarpus is a genus of nine species of palms native to Asia, from the Himalaya east to eastern China. They are fan palms (Arecaceae tribe Corypheae), with the leaves with a bare petiole terminating in a rounded fan of numerous leaflets. The leaf bases produce persistent fibres that often give the trunk a characteristic hairy appearance. All species are dioecious, with male and female flowers produced on separate plants although female plants will sometimes produce male flowers, allowing occasional self-pollination.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「花の写真|シュロ(Trachycarpus)の花」の詳細は、  「花の写真|春の花と果実」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花の写真|春の花 ディセントラ・スペクタビリス
JUGEMテーマ:花の写真
 

ディセントラ・スペクタビリス(ケマンソウ、鯛釣り草、Dicentra spectabilis.)ハート型の可愛い花を咲かせています。 英名は「BleedingHeart」(血を流す心)


ディセントラ・スペクタビリス(ケマンソウ、鯛釣り草、Dicentra spectabilis.)


Dicentra (bleeding-heart; Greek dís "twice", kéntron "spur") is a genus of 8 species of perennial herbaceous plants in the fumitory family, many with heart-shaped flowers, native to eastern Asia and North America.


ディセントラ・スペクタビリス(ケマンソウ、鯛釣り草、Dicentra spectabilis.)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「花の写真|春の花 ディセントラ・スペクタビリス」の詳細は、  「花の写真|春の花と果実」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
世界遺産|奈良・女人高野・室生寺の紅葉(2010年)
JUGEMテーマ:季節の出来事
 

世界遺産 奈良・女人高野・室生寺はシャクナゲの他、紅葉の名所


奈良・女人高野・室生寺の紅葉(2010年)


室生寺(むろうじ)は、奈良県宇陀市にある真言宗室生寺派大本山の寺院。開基(創立者)は、賢押覆韻鵑ょう)、本尊は釈迦如来である。奈良盆地の東方、三重県境に近い室生の地にある山岳寺院である。宇陀川(店長の町の隣町で、店長の町へと流れ込んでいて、行く行くは木津川となります。)の支流室生川の北岸にある室生山の山麓から中腹に堂塔が散在する。平安時代前期の建築や仏像を伝え、境内はシャクナゲの名所としても知られる。女人禁制だった高野山に対し、女性の参詣が許されていたことから「女人高野」の別名があります。荘厳な寺で、門前は土産物屋や旅館が立ち並んでいます。但し、国道165号線からは相当奥まったところにあります。


-------------------------------------------------------------------------------------------


■「世界遺産|奈良・女人高野・室生寺の紅葉(2010年)」は、「植物切手|秋を彩る 紅葉(モミジ、もみじ)・楓(カエデ)・銀杏」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 10:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
植物切手|秋を彩る 観楓図屏風(かんぷうずびょうぶ)
JUGEMテーマ:絵画
 

 京都の洛北・高雄は古来,紅葉の名所として名高い場所です。
 清滝川のほとりで思い思いに紅葉狩を楽しむ人々の姿が描かれる。
 遠く雲間に神護寺の伽藍や,雪の愛宕社も望まれる。春夏を描いた他の1隻とともに四季の名所絵であったと思われる。
 画中の印から,狩野元信の次男,「秀頼」の筆とされるが,孫の「秀頼」とする説もある。


植物切手|秋を彩る 観楓図屏風(かんぷうずびょうぶ)


紙本着色、狩野秀頼筆(かのうひでよりひつ)、縦150.2 横365.5 、室町時代 国宝 東京国立博物館蔵


-------------------------------------------------------------------------------------------


■「植物切手|秋を彩る 観楓図屏風(かんぷうずびょうぶ)」は、「植物切手|秋を彩る 紅葉(モミジ、もみじ)・楓(カエデ)・銀杏」 で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 13:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花の写真|蓮(ハス、Lotus)と睡蓮(スイレン、WaterLily) NO.2
JUGEMテーマ:季節の出来事
JUGEMテーマ:花の写真
 

 蓮の花は、たとえ様も無いくらい美しい花です。



真紅の蓮の花
-------------------------------------------------------------------------------------------


■「花の写真|蓮(ハス、Lotus)と睡蓮(スイレン、WaterLily)」は、『花の写真|蓮(ハス、Lotus)と睡蓮(スイレン、WaterLily) 』で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 09:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
花の写真|蓮(ハス、Lotus)と睡蓮(スイレン、WaterLily)
JUGEMテーマ:花の写真
 

 ハス(蓮、学名:Nelumbo nucifera)は、インド原産のハス科多年性水生植物。ハスの花を指して「蓮華」(れんげ)といい、仏教とともに伝来し古くから使われた名である。
地下茎は「蓮根」(れんこん、はすね)といい、野菜名として通用する。原産地はインド亜大陸とその周辺。地中の地下茎から茎を伸ばし水面に葉を出す。草高は約1m、茎に通気のための穴が通っている。水面よりも高く出る葉もある(スイレンにはない)。葉は円形で葉柄が中央につき、撥水性があって水玉ができる(ロータス効果)。


蓮の花

スイレン属(スイレンぞく、学名:Nymphaea)は、スイレン科の属の一つで、水生多年草。単にスイレン(睡蓮)と呼ぶことが多い。 日本にはヒツジグサ(未草)の1種類のみ自生する。日本全国の池や沼に広く分布しています。 白い花を午後、未の刻ごろに咲かせる事からその名が付いたと言われる。


-------------------------------------------------------------------------------------------


■「花の写真|蓮(ハス、Lotus)と睡蓮(スイレン、WaterLily)」は、『花の写真|蓮(ハス、Lotus)と睡蓮(スイレン、WaterLily) 』で。
 

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
植物|タイで発行された食虫植物の切手 イシモチソウの花
JUGEMテーマ:趣味
 

イシモチソウの花がタイで、2009年に発行されました。
今までに世界で食虫植物の切手は余り出ておりません。


食虫植物

イシモチソウ(石持草、学名:Drosera peltata Thunb.)はモウセンゴケ科モウセンゴケ属の食虫植物。
茎生葉には粘液滴がつき、これで小石を粘りつけて持ち上げることができるとして和名があります。
葉身または葉縁から生える長い腺毛の先端の粘液滴で昆虫等の小動物を粘りつけ、傾性運動により包み込んで捕獲し、粘液に含まれる消化酵素にて分解、吸収して養分としています。
花は綺麗ですね。高さは、10cm〜30cm程度となる。

■「世界の食虫植物の切手」の頁は こちら です。

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」 にほんブログ村 コレクションブログ 切手・コイン・貨幣へ

| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
植物|世界の竹の切手 パンダと笹
JUGEMテーマ:趣味

世界の竹の切手
タケ(竹)とは広義には、イネ目イネ科タケ亜科のうち、木本(木)のように茎が木質化する種の総称です。
タケは、その生育型から、タケ、ササ(笹)、バンブー (bamboo) の3つに分けられます。タケは気候が温暖で湿潤な地域に分布し、アジアの温帯・熱帯地域に多いがササは寒冷地にも自生します。

中国のパンダの親子・竹を食べてる絵画

マダケの場合は120年周期、ササは40-60年周期であると推定されています。
また竹は加工がしやすいので色々なもの(楽器、籠、橋、道具、容器・・・)に使われています。


■「世界の竹の切手」の頁は こちら です。

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」 にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ 

| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
植物|柿(Persimmon)の木の春夏秋冬
 かつてのゴルフクラブ(ウッド)のヘッドには柿材(特にアメリカガキ)を使った物が多く、パーシモンの名で呼ばれていたが、現在では金属製のウッドが普及したためにあまり使われなくなったが懐かしい木です。また日本国中、どこに行っても見慣れた木です。あの冬に食べる干し柿は美味しいですね。

モナコの木の花や実シリーズ
柿(Persimmon)の木の春夏秋冬(モナコ、1981年)

柿(Persimmon)の木の春夏秋冬

■柿(Persimmon)はカキノキ科の落葉樹。東アジアの固有種で、特に長江流域に自生している。日本から1789年にヨーロッパへ、1870年に北アメリカへ伝わったことから、学名にも kaki の名が使われる。雌雄同株であり、5月ごろに白黄色の地味な花をつける。果実は柿(かき)と呼ばれ、秋に橙色に熟す。 幹は家具材として用いられ、実は食用となる。葉は茶の代わりとして加工され飲まれることがある。未熟の果実はタンニンを多く含み、柿渋は防腐剤として用いられる。現在では世界中の温暖な地域(渋柿は、寒冷地)で果樹として栽培されている。

「世界の木に咲く花と実の切手」の頁は こちら です。

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」



| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
植物|アーモンド(almond)の木の春夏秋冬
モナコの木の花や実シリーズ 
アーモンド(almond)の木の春夏秋冬(モナコ、1993年)
 
 アーモンド(almond)の木の春夏秋冬

■アーモンド(英名:Almond、学名: Prunus dulcis)は、バラ科サクラ属の落葉高木。およびそれから採ったナッツのこと。
和名はヘントウ(扁桃)、ハタンキョウ(巴旦杏)、あるいは、あめんどう。原産はアジア西南部。現在では南ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなどで栽培されており、アメリカカリフォルニア州が最大の産地である。日本では小豆島などで栽培されている。高さは5mほど。2-3月にかけてサクラに良く似た花をつけ、7-8月に実が熟する。果実が自然に落下することはないので、実の収穫は木を「ツリーシェイカー」と呼ばれる機械で揺さぶることで行われる。

「世界の木に咲く花と実の切手」の頁は こちら です。

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」
| kunio切手・写真の店長 | 植物|花・木・実 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE