「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
猛禽類|シマフクロウはアイヌの神・コタンコルカムイ
シマフクロウは、その容貌から「森の哲学者」とも呼ばれ、アイヌ民族からはコタンコルカムイ(「村を司る神」「村を守る神」の意味、コタンクル、コタンコロの表記もある)、カムイチカプ(「神の鳥」の意味)としてあがめられてきた。
シマフクロウは、日本では1971年に国の天然記念物(エゾシマフクロウとして)、1993年に種の保存法施行により国内希少野生動植物種に指定されている。

シマフクロウ(島梟、学名:Bubo blakistoni)
シマフクロウ シマフクロウ

シマフクロウ(島梟、学名:Bubo blakistoniもしくはKetupa blakistoni)世界でも最大のフクロウ類の一つ。体長約70cm、翼開長170cm-180cm。

見るからに大きな鳥です。イオマンテ(イオマンテ(iomante)とはアイヌの儀礼のひとつで、ヒグマなどの動物を殺してその魂であるカムイを神々の世界(kamuy mosir)に送り帰す祭りのこと)の対象にもされてきました。

また、アイヌとは、アイヌ語で「人間」の意味です。19世紀まで、和人(本州系日本人)から「蝦夷」と呼ばれていた。江戸時代から次第に和人の抑圧を受け、明治政府による過酷な「同化政策」に晒され、多くの土地のみならず、言語や文化を奪われた。2009年7月29日,政府の「アイヌ政策のあり方に関する有識者懇談会」が報告書としてアイヌは近代化とともに生活の場を狭められ、独自の文化を禁止、同化を迫られた結果、「文化に深刻な打撃を受けた」と指摘。「国は文化復興に配慮すべき強い責任がある」とした。
「アイヌは先住民族」との認定を出発点として政策展開を打ち出したことは、画期的な判断といえます。

「鳥類・猛禽類(フクロウ、ミミズク、ワシ、タカ、隼等)の切手」の頁は こちら です。

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」
| kunio切手・写真の店長 | 動物|鳥類 | 09:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小さな可愛い鳥のハチドリ(ハミングバード)の切手
ハチドリはハチドリ科に属する鳥の総称である。 鳥類の中で最も体が小さいグループであり、体重は2〜20g程度である。毎秒約55回、最高で約80回の高速ではばたき、空中で静止するホバリング飛翔を行う。「ブンブン」とハチのような羽音を立てるため、ハチドリと名付けられた。英語でも、その羽音からハミングバード(Hummingbird)と呼ばれています。


アメリカのハチドリの切手 ノドアカハチドリ,アカハシハチドリ,コスタハチドリ,アカフトハチドリ,ヒメハチドリ

ハチドリ

ハチドリは花の蜜を主食としており、ホバリングで空中で静止しながら、花の中にクチバシをさしこみ、 蜜を吸うという独特の食事の取り方をし、花の蜜を吸うためにクチバシは細長い形状をしています。足は退化しており、枝にとまることはできるがほとんど歩くことはできない。

約112属320種のハチドリが北米から南米にかけて生息しています。
キューバに生息するマメハチドリ Calypte helenaeは世界最小の鳥であり、全長6cm、体重2g弱しかない。南米のジャマイカでは、ハチドリの群れが一種の名物となっている。

小さな可愛い鳥のハチドリ(ハミングバード)・タイヨウチョウ・ゴクラクチョウの切手は こちらから。

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 動物|鳥類 | 08:28 | comments(0) | - | pookmark |
可愛いペンギンなどの極地に生息する鳥達の切手
可愛いペンギンなどの極地に生息する鳥達の切手

ペンギンなど極地に生息する鳥達の切手です。極地(きょくち)は、地域としての北極・南極のこと。極地方。ペンギン等が本当に極地の鳥かどうかは真夏の日本の動物園にもいて、炎天下で過ごしている所を見ると解せないが、此処では極地の鳥と判断。

ニュージーランド・ロス海のペンギン ペンギン
■ペンギン (Penguin) は、ペンギン目(学名:Sphenisciformes)・ペンギン科(学名:Spheniscidae)に属する鳥類の総称である。南半球に生息する海鳥であり、空を飛ぶことができない。全体では18種類のペンギンが生息している。ロス海(ろすかい、Ross Sea)とは南極大陸のヴィクトリア・ランドとマリーバードランドとの間にある深い湾。南極海の一部である。1841年、ジェイムズ・クラーク・ロスによって発見された。ロス海の東にはロス島が、西にはルーズベルト島がある。南部はロス棚氷に覆われている。


ニュージーランド・ロス海の鳥達 ロス海 極地の鳥

詳細は、こちらのページから 南極昭和基地関係の切手。
| kunio切手・写真の店長 | 動物|鳥類 | 10:35 | comments(0) | - | pookmark |
水辺の鳥 香港の切手
水辺の鳥 香港の切手

  水辺の鳥 香港

上段:ソリハシセイタカシギ    上段:ミカズキカイツブリ
下段:グーラミ          下段:キンチャクダイ

香港で発行された水辺の鳥の切手です。
香港だけに何故か鳥インフルエンザが気になります。
| kunio切手・写真の店長 | 動物|鳥類 | 15:12 | comments(0) | - | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE