「世界の切手と海外写真」店長ブログ!

「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」の店長です。切手収集や海外旅行等雑多な趣味・コレクション・写真を通じて日々の出来事や感じた事を書き記してます。神奈川出身、三重県・名張市在住。
アリゾナ|自然の見事な造形物 アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)

JUGEMテーマ:旅行


 アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)は、アメリカ合衆国アリゾナ州ペイジ(Page, Arizona)近郊の、ナバホ居留区(ナバホ・ネイション)に位置しています。
入るには一人当たり8ドルの費用を出し、見学にはナバホ族が運営するツアーを利用します。アンテロープ・キャニオンはアッパーキャニオンとローワーキャニオンに分かれ、アッパーキャニオンの方が圧倒的に人気があります。今回はアッパーを見ました。
 場所はアリゾナ州のペイジという町のそばで大きな3本の煙突(レイクパウエルの発電所)が見えてくると、もう近い。



ナバホ居留区(ナバホ・ネイション)

 ガイドさんはナバホ族の出身で、おばあさんが所有していた土地が、そのアッパーアンテロープ・キャニオンだったそうです。今はフェニックスに住み通っているようです。
 アッパーキャニオンは、キャニオン頂上(約36m)の開口部から直接放射する日光の光線が狭い渓谷内に差し込み、幻想的な景色に入り込む事が出来る。
 アンテロープ・キャニオンは、ナバホの言葉でツェー・ビガニリニ(Tse bighanilini、「水が岩を流れる場所」)の意味を持つ。高さは12mの大きな洞窟になっています。

 


アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)


 アンテロープ・キャニオンは、もともとはロッキー山脈が隆起してきた際に出来たコロラド台地の一部で、一時的に(地質史的に)隆起した台地を流れていく水が、柔らかい砂岩を侵食して出来たもの。周囲のナバホ砂岩の侵食によりできた何百年にも及ぶ地層を形成しており、これは主として鉄砲水のほか、風成の侵食によるものである。
 特にモンスーンの時期に降る雨水はアンテロープ・キャニオンの一部である谷間を流れ、より狭い通路を流れるにつれ水は加速して砂を拾いあげる。 その後長い時間をかけて通路が侵食されると、狭い通路は更に広くなり岩の鋭さはより滑らかにされて、岩の「流れる」ような特徴を形作る。こうして独特の岩の通路が、長い時間をかけ完成された。



アンテロープ・キャニオン(Antelope Canyon)


★ナバホ居留区(ナバホ・ネイション):グランドキャニオン国立公園の東に広がる地域に、アメリカインディアン最大の部族、ナバホの住む大地があり、ナバホ・ネイション(ナバホの国)と呼ばれています。大きさは北海道ほどで、人口はおよそ30万人。
 ここは準自治区になっており、彼等は議会を作ってこの地域を管理・運営しています。モニュメント・バレーやアンティロープ・キャニオンはこの地域にあるので、トライバル・パーク(部族公園)に指定されています。



ナバホ居留区(ナバホ・ネイション)


参考ページ アメリカ合衆国(USA)旅行写真|アンテロープ・キャニオンとホースシューベンド
| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アリゾナ|スピリチュアルな場所・セドナ(Sedona)

 スピリチュアルな場所・セドナ(Sedona)は、アメリカ合衆国アリゾナ州の個性的な形をした赤い砂岩の岩山に囲まれた場所である。地質学的にいえば、セドナの歴史は3億5千万年前までさかのぼりますが、有史以前に現在のセドナ周辺に人間が居住し始めたのは紀元前10,000年といわれています。
 古来、ネイティブ・アメリカンが聖なる場所(聖地)とあがめた場所。ネイティブアメリカンのハバスパイ族はこの地に900年ほど前から棲んでいて、ハバスパイ族はこの地を「ウィー グァルコ ホル ホルバ wee gualko horu horuba」(=大地からブクブク泡立つ岩)と呼んでいる。
 そして、この大地に立つだけで、先祖からエネルギーや波動を受け取れる、と考えていて、この地に立つこと自体が重要な儀式なのだ、と考えている。
 1956年、建築家のマーガレット・スタウドがこの地に立った時、東側にある岩が、赤ん坊のキリストを抱いた聖母マリアに見えたことから、ここにチャペルを建てました。 写真はマザー&チャイルド(赤ん坊イエスとのメアリー)「Mary with baby Jesus」とダブルロック「double rocks」(尼僧、修道女 ザ・ナンズ)



マザー&チャイルド(赤ん坊イエスとのメアリー)「Mary with baby Jesus」


 聖十字架礼拝堂(チャペル・オブ・ザ・ホーリークロス、Chapel of the Holy Cross):セドナ市街から南のオーククリークの町への途中、小高い岩山にポツンと立つ十字架が見える。チャペル・オブ・ザ・ホーリークロス。フランク・ロイド・ライトの弟子だったマルガレット・スタウドがデザインした、レッドロックの上に建てられたモダンな教会です。教会は中に入ることもでき、そこからは遠くにベルロックやカセドラルロックを見渡すこともできます。

 


エアポートリッジ・ビスタ(Airport Ridge Vista)


 セドナにはvortex(ボルテックス、渦巻き)と呼ばれるパワースポット(エネルギースポット、気場)が10カ所ほどあるとされている。 その中の一つエアポートメサは、ザ・ワイの交差点から国道89Aを西方向へ約2.1マイル、Airport Rd.を左折してセドナ空港方面へ坂を上っていくと着きます。
 台地のようになっていて、セドナ全体のボルテックスを見渡すことができる。ヴォルテックスサイトでもあり、サンライズやサンセットのスポットとなっています。 エアポートメサの近くにいた人たちは殆どが常連さんの様です。セドナ空港は、セスナとプライベートジェット専用のエアポートで、旅客機は就航していない。
 エアポートメサの上にあるセドナ空港の駐車場そばのエアポートリッジ・ビスタ(Airport Ridge Vista)から夕陽を見る。 カウボーイ姿の女性が寄付を募っていました。 ちょうど満月も昇っていた。凄くスピリチュアルな気分です。



エアポートリッジ・ビスタ(Airport Ridge Vista)


 世界三大パワースポットはスペインとフランスンの国境にある、フランスのルルドの泉、ハワイ島のマウラナニ、アリゾナ州のセドナと言われている。
 セドナの特徴は、”ボルテックス(渦巻き)”。このボルテックスとは、大地から強いエネルギーが渦巻きのように放出されている場所を指し、セドナには、このボルテックスが至る所に点在しています。 疲れた体や、傷ついたハートを癒し、前に進む原動力を与えてくれるそうです。



エアポートリッジ・ビスタ(Airport Ridge Vista)から夕陽


参考ページ アメリカ合衆国(USA)旅行写真|スピリチュアルな場所・セドナ(Sedona)
| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アリゾナ|コロラド川が蹄鉄(horseshoe)の形に蛇行している景色

JUGEMテーマ:旅行

アリゾナ|コロラド川が蹄鉄(horseshoe)の形に蛇行している景色

 ホースシューベンド(Horseshoe Bend)とは、アメリカ合衆国アリゾナ州ペイジの町付近にある、コロラド川が蹄鉄(horseshoe)の形に蛇行している場所の名前。
 ペイジの町に入るところから89号線を西に10分くらい(ページの南約6キロメートル)進むと左の岩肌にPと書かれた場所が見れる。その反対側がホースシューベンドです。駐車場からは徒歩で凡そ20分程度(国道89号線から1.2キロメートル)の赤い砂漠の道を行くと突然現れてきます。



ホースシューベンド(Horseshoe Bend)


 崖には柵や手すりなど人工的な物が一切設置されていないため要注意です。吸い込まれてしまいそうなほどに切り立った断崖絶壁、因みに崖からの深さは600m位だそうです。
崖の上では多国籍の言語が飛び交っています。綺麗な写真を撮ろうと思うと、結構身を乗り出して撮らねばならず、みんな腹這いになって、手を伸ばして写真を撮っていました。

 


ホースシューベンド(Horseshoe Bend) ホースシューベンド(Horseshoe Bend)


■Horseshoe Bend is a horseshoe-shaped meander of the Colorado River located near the town of Page, Arizona, in the United States. Horseshoe Bend is located 5 miles (8.0 km) downstream from the Glen Canyon Dam and Lake Powell within Glen Canyon National Recreation Area, about 4 miles (6.4 km) southwest of Page.



ホースシューベンド(Horseshoe Bend)


参考ページ アメリカ合衆国(USA)旅行写真|アンテロープ・キャニオンとホースシューベンド
| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 16:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アリゾナ|懐かしのルート66・セリグマン(Seligman)

JUGEMテーマ:旅行


 「アリゾナの風景」は、どこまでも続く広大な砂漠、そして砂漠に生えるサボテン。少し自動車を走らせるだけで、砂漠や山地に自生する多くのサボテンを見ることができてしまいます。
 ルート66を走っていて、時間がない方や、少しでもルート66のお土産を買いたい方、昔ながらの町並みを体験したい方には是非レトロな町・セリグマン(Seligman:Arizona)に立ち寄ることをおすすめします。



セリグマン(Seligman)


 ハイウェイI-40をセリグマン(Seligman)で降りる。直線距離にして約1.5kmほどのごくごく小さな街だが、ルート66のファンが連日のように集まる人気の町。
 50年代の雰囲気を再現した街です。レトロな雰囲気の店が立ち並び、何体ものマネキンが立ち並ぶ土産物屋などもあった。往年の名車が勢揃いしています。
 ラスベガスからグランドキャニオンへ向かうときの入口のキングマンとこのセリグマン間で約2時間の道のり。ハイウェイI−40でキングマンとセリグマン間を走ると約1時間。
 ルート66沿いの重要なコミュニティであったキングマン(Kingman)は、ジャズ・スタンダード「ルート66」の歌詞中にもその名が登場する。
 セリグマンの人口は500人弱。標高は5,240 feet (1,600 m) 。乾燥した土地柄です。

 


レトロな名車が勢ぞろい セリグマン
レトロな名車が勢ぞろい セリグマン


 国道66号線(U.S. Route 66)は、イリノイ州シカゴと、カリフォルニア州サンタモニカを結んでいた、全長3,755km(2,347マイル)の旧国道。1926年指定。州間高速道路の発達によりその役目を終え、1985年に廃線となった。歴史街道ルート66(Route 66)とも呼ばれ、大陸を横断するこの道はアメリカ西部の発展を促進した重要な国道であり、映画や小説、音楽などの中に多く登場し、今なおアメリカのポップ・カルチャーの題材にされている。



国道66号線(U.S. Route 66)

The Historic Seligman Sundries 日本語 コーヒー も見える


he historic Seligman Sundries building


 エンジェル ギフトショップ (Angel & Vilma Delgadillo's Route 66 Gift Shop & Visitor's Center)は、たくさんの有名人が立ち寄る昔から1番人気のお土産屋さん。この町は、映画カーズのモデルになった町だそうです。



エンジェル ギフトショップ


 このギフトショップのオーナーのエンジェルさんは多少日本が話せ、日本の紙幣も見せてもらいました。

参考ページ アメリカ合衆国(USA)旅行写真|ネバダ・アリゾナ・ユタ・コロラド州
| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 08:09 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
海外写真|NYC|セント・パトリック大聖堂の周辺の風景
JUGEMテーマ:旅行
JUGEMテーマ:アメリカ東海岸
 

セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)は、マンハッタンの50番ストリートと5番アヴェニューの交点に、ロックフェラー・センターと向かい合うように立っている。 現在は修理中。
礎石は1858年8月15日に孤児院の南に据えられた。設計はジェームズ・レンウィック・ジュニアがおこないゴシックスタイルをとり建設が始められたが、南北戦争中には一時建設が中断し1865年に再開された。その後1878年に完成し、翌年5月25日に式典がおこなわれた。

St. Patrick’s Cathedral | Archdiocese of New York


セント・パトリック大聖堂(St. Patricks Cathedral)


グランド・セントラル駅(Grand Central Station)は通勤列車が多く発着する。
マンハッタンを代表する歴史的建造物で、1860年代に完成した。
建物は古典主義風のボザール様式(アメリカン・ボザール)の建築物である。床は大理石。

2013年2月1日に駅舎生誕100周年を迎え、記念式典が開かれた。
また2014年に駅舎生誕100周年を迎える日本の東京駅と姉妹提携を結ぶことも発表された。


グランド・セントラル駅(Grand Central Station)


クライスラービル(Chrysler Building)は、405レキシントン・アベニュー。
1930年、ウォール街のウォールタワーと世界一の高さを競って建てられた。
クライスラービルが高さ283 mで完成した。
しかし、ウォールタワーが高さ284 mで完成したため抜かれてしまったが、クライスラービルの設計者ウィリアム・ヴァン・アレン がビルの上に36 mの尖塔を追加したことにより319mとなった。
よって、世界一高いビルの座につくことができた。


クライスラービル(Chrysler Building)


しかし、翌年の1931年にエンパイアステートビルの完成により、世界一の座を明け渡すことになる。
それでもアメリカの1920年代の繁栄の歴史を物語るニューヨークの摩天楼の中の傑作である。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「海外写真|NYC|セント・パトリック大聖堂の周辺の風景」の詳細は、
  「アメリカ合衆国(USA)旅行写真|ニューヨークの中心街・繁華街と動物達 マンハッタン」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,
 330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。

 「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 14:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
海外写真|NYC|ロックフェラー・センターの周辺の風景
JUGEMテーマ:アメリカ東海岸
JUGEMテーマ:旅行
 

ロックフェラー・センター(Rockefeller Center)は、
アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市(NYC)マンハッタンの五番街にある
超高層ビルを含む複数のビルからなる複合施設です。

ロックフェラーセンターには、現在のアメリカを代表する大企業が入居しています。
NBCがGEビル内に本社スタジオを置く他、地元局・WNBCもここにある。
また、ラジオシティ・ミュージックホールがあるなど、マスコミ、エンターテインメント系の企業が多く存在している。


ロックフェラー・センター(Rockefeller Center)


Radio City Music Hall ラジオ・シティ・ミュージックホールは、
マンハッタンの「ロックフェラー・センター」にある5933席収容の世界最大のホールでもあり、
毎年6月のトニー賞の授賞式もここで行われる。


ラジオシティ・ミュージックホール


GEビルからのマンハッタンの夜景 天気もよく絶景です エンパイア・ステートビルも見えます。
これはGEビルから北方面を撮影したものです。
丁度反対側には9.11での痛ましい事件の場所、グランド・ゼロがあります。
エンパイア・ステートビルは最近では時期のテーマに沿ってライトアップの色を変化させています。


GEビルからのマンハッタンの夜景


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「海外写真|NYC|ロックフェラー・センターの周辺の風景」の詳細は、
  「アメリカ合衆国(USA)旅行写真|ニューヨークの中心街・繁華街と動物達 マンハッタン」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,
 330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。

 「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 15:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
MET絵画|マダムX (Madame Pierre Gautreau)-John Singer Sargent
JUGEMテーマ:美術・工芸
 

先日、NYCにある美術館を訪問した際に、大きな絵と出会いました。非常に美しい女性の絵でした。画家はサージェント。
ジョン・シンガー・サージェント(John Singer Sargent;1856年1月12日 - 1925年4月14日)は、19世紀後半から20世紀前半のアメリカ人の画家。
Madame × (Madame Pierre Gautreau)は、ニューヨーク、メトロポリタン美術館(通称MET)所蔵。


<br>Madame × (Madame Pierre Gautreau)


サージェントは、1884年、パリのサロンに出品した『マダムX』という肖像画によってスキャンダルにまきこまれることとなる。
この肖像画は当初『・・夫人の肖像』という題名でサロンに発表されたものだが、明らかに当時の実在の女性であるゴートロー夫人(アメリカ出身で、フランス人銀行家のピエール・ゴートローと結婚した)を描いたものであると見なされた。
発表当初、ゴートロー夫人の右肩のストラップが腕のほうまでずり落ちて描かれていたため、鑑賞者はそこに卑猥な想像を重ねたようです。夫人の魅力を最大限に表現しようとしたことが、裏目に出てしまいました。 この絵は人妻を描いたものとしてはあまりにも官能的であり品がないとして、当時の批評家から非難されたのでした。
こののち、ゴートロー夫人は失意のうちに社交界を追われ、肖像画の受け取りも拒否して、画家の前を去りました。
画家は、ストラップの位置を肩に戻し、結局、この絵は画家の手元に残ることとなりました。 

サージェントの絵は他にもいくつかあります。詳細は下記にて。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「MET絵画|Madame × (Madame Pierre Gautreau)-John Singer Sargent」の詳細は、  「アメリカ合衆国(USA)旅行写真|メトロポリタン美術館 西洋絵画NO.2 有名画家他」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 14:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カナダ旅行写真|ナイアガラの滝(ナイアガラフォールズ)
JUGEMテーマ:カナダ
  カナダ旅行写真|ナイアガラの滝(ナイアガラフォールズ)

ナイアガラの滝(ナイアガラ瀑布、 Niagara Falls、 Les Chutes du Niagara)  ナイアガラの滝(ナイアガラ瀑布、英語: Niagara Falls、フランス語: Les Chutes du Niagara)は、エリー湖からオンタリオ湖に流れるナイアガラ川にあり、カナダのオンタリオ州とアメリカのニューヨーク州とを分ける国境。
トロントから南南西に120km(75mi)、バッファローから北北東に27km(17mi)のナイアガラフォールズ市(オンタリオ州側、ニューヨーク州側)に位置。 
ナイアガラの滝はゴート島によって、カナダ側の国境を挟んだカナダ滝とアメリカ側のアメリカ滝とに大きく二つに分かれ、アメリカ側はさらにルナ島を挟んでブライダルベール滝があります。


ナイアガラの滝 アメリカ滝
アメリカ滝 (落差21mから34m、幅260m)、ブライダルベール滝(落差55m、幅15m)あります。 「霧の乙女号(Maid Of the Mist Tour)」も相当な水しぶきです。 
虹も見えました。 また背景の高い所は、アメリカ側の見学をする所です。大勢の人たちが見下ろしています。


ナイアガラの滝 アメリカ滝


ナイアガラの滝 カナダ滝
カナダ滝 轟音と共に流れる水量は尋常な量ではありません。最大毎分168,000立方m、平均毎分110,000立方mの水量が流れています。
観光船に乗るときは皆ビニールのカッパ(青いポンチョ)が提供されて、それを着て乗船します。そうでなければ身体の芯までずぶ濡れです。 
カナダ滝の滝つぼ近くを航行する霧の乙女号から


ナイアガラの滝 カナダ滝


ナイアガラの滝は想像以上の大きさで待ち構えていました。自然発生的に虹がいくつも見えました。見るものを圧倒する、自然の大きさを痛感します。


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「カナダ旅行写真|ナイアガラの滝(ナイアガラフォールズ)」の詳細は、  「カナダ(CANADA)旅行写真|ナイアガラの滝(ナイアガラフォールズ)」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 15:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カナダ旅行写真|トロントのCNタワー(Canadian National Tower)
JUGEMテーマ:カナダ
 

CNタワー(Canadian National Tower、シーエヌタワー)



トロントの名物は、CNタワー(Canadian National Tower、シーエヌタワー)です。
CNタワーは、カナダのトロントに位置する通信と観光用の塔で、飛行機からも見えました。高さは553.33m(1815.39フィート)。4つの展望台があり、トロントの人気観光スポットになっています。
342mには『グラス・フロア』と屋外展望台があり、447mにある展望台『スカイ・ポッド』は、中国・上海市の上海環球金融中心に抜かれるまでは世界一高い展望台であった。更に東京スカイツリーに残念ながら抜かれました。

 


CNタワー(Canadian National Tower、シーエヌタワー)トロント



CNタワー(Canadian National Tower、シーエヌタワー)の、447mにある展望台『スカイ・ポッド』からのトロントの街やウオーターフロント、オンタリオ湖の風景 絶景です。

■The CN Tower is a communications and observation tower in Downtown Toronto, Ontario, Canada. Standing 553.33 metres (1,815.4 ft) tall, it was completed in 1976, becoming the world's tallest free-standing structure and world's tallest tower at the time. It held both records for 34 years until the completion of Burj Khalifa and Canton Tower in 2010 and Tokyo Skytree in 2012. It remains the tallest free-standing structure in the Western Hemisphere, a signature icon of Toronto's skyline, and a symbol of Canada, attracting more than two million international visitors annually.


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■「カナダ旅行写真|トロントのCNタワー(Canadian National Tower)」の詳細は、  「カナダ(CANADA)旅行写真|トロント(Toronto)の市内風景とトランジットのモントリオール」


■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手や海外旅行の写真を紹介してます。


「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
USA|2009年初夏のニューヨーク/タイムズスクウェア
JUGEMテーマ:旅行
 

2009年初夏のニューヨーク。タイムズスクウェア:ブロードウェイ (Broadway, 右) と七番街通り (Seventh Avenue, 左) が交差する、ニューヨークの繁華街の中心地です。


■タイムズスクウェア:ブロードウェイ (Broadway, 右) と七番街通り (Seventh Avenue, 左) が交差する、ニューヨークの繁華街の中心地である。正面に立つビルの裏側が42丁目通り (42nd Street)。
マンハッタン南端のバッテリーパークを起点とし、北端のイーストリバーに至るまでマンハッタン島を南北に縦断する。14丁目以南ではほかの街路 (avenue) とほぼ並行して 5番街の東側を走っているが、ユニオンスクエアからはほかの街路と斜めに交差する形で北西へ向かい、セントラル・パークの南西角であるコロンバスサークルを抜けて、島の西側を北に向かって走っている。

中央のビルの看板には大きな東芝のアルファベット、象徴的ですね。

2009年初夏のニューヨーク/タイムズスクウェア


■当局公認のタクシーであるイエローキャブの黄色い車両は、もはやニューヨーク市の風景の一部である。

2009年初夏のニューヨーク/タイムズスクウェア

イエローキャブは、日本では余り良い意味では使われませんが、アメリカのイエローキャブは便利ですよ。


■「USA(アメリカ合衆国) ニューヨークの色々な側面(素顔)」は こちら から。

■「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」では,330カ国を超える世界の切手を写真で紹介してます。
「Kunioの世界の切手紹介と海外写真集」

| kunio切手・写真の店長 | 海外旅行|アメリカ | 07:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ Amazon
+ yahoo
+ Facebook
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE